Good Old Music 、Fantastic高校野球

林業家kagenogoriが70's~80'sの珠玉の音楽、そして高校野球、etc.についてのたまうブログ

音楽

邦楽 ぶっ飛び系

ぶっ飛びというか、まぁ、ある意味衝撃を受けた曲を集めてみた。 本当にぶっ飛んでしまっている(笑)アーティストや曲については、あえて自粛した(笑) Rockとはいかにぶっ飛んでいるか、だ。 そう主張されるのは鮎川誠氏とシーナさんのご夫妻(笑) この…

晩秋、そして冬へと向かう色彩

北米の美しい大自然や田園風景を、流麗に表現するピアニスト、ジョージ・ウィンストン。 彼の名曲は数あれど、秋の息を呑むような色彩の移り変わりをここまで表現しきった曲は、他にはないだろう。 「Autumn Colors/Dance」 同じく名盤『オータム』から、有…

お帰りなさい

御存知の方も多いと思いますが……… てぃか君さんが、帰ってきました!! まだ気分がすぐれなかったり、辛いこともあるにちがいないのに、ご本人自ら のご報告です! tica-kun.hatenablog.com まだ手術から一週間しか経っておらず、退院時期も未定とのことで…

ジョン・レノン生誕80年ですぞ

どうも。 図らずもジョン・レノンと同じ天秤座だということを発見(笑)し、だれかに自慢したくて(笑)ウズウズしているゴリラです(*´▽`*) 小林克也に言われて(笑)気が付いた「ジョン・レノン生誕80年」の記念企画(笑) kagenogori.hatenablog.com そ…

ジョン・レノン生誕80年なんだって!

昨晩のベストヒットUSAで小林克也が言ってました(笑) それで東京で今日から(だったっけ?笑)ジョンとヨーコの展示会みたいなの(笑)をやるそうで。 例によってウロ憶え(笑)のボロボロ情報(笑)ですが(^▽^) そうか、ジョンがヨーコの目の前で凶弾…

ロックンローーーール! 「後編」

今回は大サービスだ!! 大盤振る舞いの11曲!(笑) ほぼ一枚のアルバム(笑)(^▽^) 前回はジョーン・ジェット姉御のところで、とんだ醜態(笑)をさらけ出してしまったが、実はもう一人(笑)、その前にひざまずいて、ひれ伏したい姉御がいる(笑) 他で…

ロックンローーーール! 「前編」

人を応援する。 それには応援する側にパワーが必要だ。 というわけで、2回にわたりロックンロール特集をやっちゃいますので、どうかお付き合いのほど。 ロックンロールで熱き血潮をたぎらせ、またワタシのおバカ文(笑)に大いに笑っていただきたい。 なん…

てぃか君さん、頑張れ!!!

ゆかちんさんと同じタイトルにさせていただきました(^▽^) www.toyamayama.com ゆかちんさん、ありがとう!(^^)/ って、ご本人の承諾は何一つ頂いていないのですが(笑) でも、ちまりんさんも共犯者(笑)に引き込みましたので(^▽^) フフフ……… chimaring.hat…

緊急追加!(笑) 秋のRock

秋のシリーズは前回で終わりのハズ(笑)だったのだが、思いついちゃったので(笑) 出来れば中秋の名月(10月1日)までは前回記事(↓)をご覧いただき(笑)、そのあと(笑)当記事をご堪能下さい(^^)/ kagenogori.hatenablog.com じゃあナゼ今出すんだ…

中秋の名月 ~ Harvest Moon

10月1日は中秋の名月だそうで。 ニール・ヤング 「One Of These Days」 今はもう離れてしまった古い友人にあてた手紙。 自らの近況を、なんの抑揚も無く、ただ訥々と手紙にしたためるニール。 その歌声には、彼が歩んできたすべての”時間”が込められてい…

秋の空、雲ひとつだに無く

稲刈りが終わった田んぼ。 藁を燃やす匂い。 赤とんぼの群。 民家から漂ってくるキンモクセイの香り。 優しい日差し。 雲一つない青い空。 秋が好きだ。 高2の秋、よくこの歌を口ずさみながら、田んぼ脇の道を自転車通学したもんだ(´ω`*) ムーンライダーズ…

負けるな!あきらめるな!

今回は季節関係無し、なるべく曲の紹介だけにとどめます(^^)/ ピーター・ガブリエル feat.ケイト・ブッシュ 「ドント・ギヴ・アップ」 普通の幸せを求めて、なにが悪い。 希望さえ持ち続ければ、何気ない日常はこんなにも素晴らしい。 ルー・リード 「パーフ…

秋の名曲 

ようやく朝晩が涼しくなってきました。 山の中ではツクツクボウシやミンミンゼミは、時折思い出したように鳴く程度。 一方、スズムシなどの秋の虫も鳴いてはいるものの、大合唱というわけではなく、まだ弱弱しいもの。 とは言え、やっとで秋が来ました。 今…

秋の夜長に映える夜景を眺めながら

まずはカントリーの御大ウィリー・ネルソンが歌う、ジャズ・スタンダードの名曲を。 ウィリー・ネルソン 「スターダスト」 ドナルド・フェイゲン二連発をドーゾ。 秋の夜長。都会の夜。 ドナルド・フェイゲン 「愛しのマキシン」 ドナルド・フェイゲン 「ザ…

BLACK POWER! WOMAN POWER!

表面化し沸騰する「自由」の国アメリカの黒人差別問題。 中国のウイグル族、チベット族など少数民族への力による支配、虐待。 言いたいことは山ほどある。 ドイツをはじめとするヨーロッパ諸国にも、少し腹が立っている。 怒りにまかせて、特にアメリカと中…

秋はロマンティックなJAZZで (後)

秋のジャズの後編。 皆様、秋の夜、いかがお過ごしでしょうか。 まずはロマンティックというより、どちらかと言えば男性向きのクールかつハードボイルドな夜の逸品を。 マイルス・デイヴィス 「ラウンド・ミッドナイト」 ここでもジョン・コルトレーンがいい…

秋はロマンティックなJAZZで……(前)

暴力的な暑さ(笑)が続いた残暑。 ようやく普通の(笑)暑さに戻りましたな。 ちょっと、気が早いけど、秋の夜に聴くとイイんじゃない?(笑)という、ロマンティック寄りのジャズの名曲を集めてみた。 絞りに絞ったのだが、ちょっとまだ多いので前後編に分…

愛しのB級ROCK

B級ロック。 ここではっきり宣言しておくが、この「B級」は最大級のホメ言葉である。 ワタシは基本、本格的なRockを愛する者であるが、その一方で、ちょっとチープな「B級」も、こよなく愛するのである。 ここで紹介する「B級」の諸君(笑)たちは、もち…

いま、エールを送りたい人へ

連日、暑いですな。 皆様、お体の具合はいかがでしょうか。 ワタシはと言えば、昨日、ちょっとした急斜面で作業中、暑さのせいもあり足元がふらついたのを、あわてて踏ん張ろうと(なんせ急斜面ですから)したときに、腰をやってしまいまして(笑) 昨日は一…

夏の終わりに・・・

ほぼ毎日、暑さでムシの息になりつつも、ビール 発泡酒2本で甦るというイソガシイ毎日(笑)を送っているkagenogoriでございます。 「死と再生」を体現する男(笑) (^▽^) さて、まだまだ猛暑が続いている今、ナニガ「夏の終わりに」なんてスカしたこと抜か…

ワタシのワークソング

お気づきの方も多いかと思うのだが、今回はのんちさんの記事にインスパイア(笑)されたものである。 ありがとう、のんちさん(^^)/ nonchi1010.hatenablog.com そこで自分にとってのワークソングというものを考えてみた。勝手に(笑) のんちさんの記事で紹…

SUMMER SONGS! vol.6

今朝3時に起床したのですが、窓の外では早くも秋の虫が鳴いておりました。 一匹だけ、それもまだ弱弱しい声でしたが。 今日は終戦の日。(終戦「記念日」という言い方には、いまだになじめません) 皆様、様々な想いを抱きながらも、お付き合い願えればと思…

SUMMER SONGS! vol.5

今回も洋楽のSUMMER SONGS。 まずはオーストラリアからいつも爽やかなサマー・ポップスを届けてくれたこのバンドからいきましょう! Definitive Greatest Hits 発売日: 2000/01/13 メディア: MP3 ダウンロード リトル・リヴァー・バンドで、 「We Two」! yo…

SUMMER SONGS! vol.4

こんにちは、小林克也、のつもりになってる(笑)kagenogoriです。 SUMMER SONGS、今回から3回にわたって洋楽編をお送りします。 洋楽のSUMMER SONG、お約束、と言いますか、やはりこの人から始めないといけませんね。 ネッド・ドヒニ…

SUMMER SONGS! vol.3

SUMMER SONGS第3回目は、完結編! 夏と言えば湘南(笑)ですね。 ワタシにとって、湘南と言えばやはりこの人達。 湘南が誇る兄弟デュオ、ブレッド&バター! 湘南と言うからには、まずこの曲。 ’81年の年の名盤、『PACIFIC』から、 パ…

SUMMER SONGS! vol.2

今日はまた早朝から殺人的暑さでしたな。 皆様はおカラダ壊していませんでしょうか? ワタシは今日何度も体が動かなく(というより動かせなく)なる事態に陥りました。 いつぞやは、右半分が宍戸錠になってしまったワタシですが、今日はカラダ全体がほぼゾン…

SUMMER SONGS! vol.1

今週のお題は「夏を感じる歌」だそうで。 それに乗っかるわけではないが(イヤ、別に乗っかっても全然イイんだけど.笑)、今週は真夏にふさわしい曲をほぼ毎日(多分、ですよ.笑)、お届けしたいと思う。 この企画(笑)が皆様の賛同を得られるかどうかは…

シエスタしませんか?

ウーム……。 ブログを書く時間がなかなか取れない。 原因の一つははっきりしている。 自分がいろんな方々の読者になり過ぎて(笑)、毎日更新されるブログを読ませていただいて、コメントを送らせていただく。 毎日それだけで、ヘーキでいつの間にか(笑)何…

スズメバチの呪い・・・

ハチとはやはり恐ろしいものである。 これからの季節、ハチは相当危険な存在となる。 今回は、皆さんのために、皆さんの安全のために、恥をしのんでワタシ自身の身の毛もよだつ体験を話そうと思う。 少々長くなるが、お付き合い願えれば、と思う。 ことの発…

佐野元春の物語は、ここから始まった

前回、佐藤奈々子と佐野元春の関係についてアルコトナイコト(笑)言及したが、今回さらに調子に乗って(笑)、そのことについてもう少し踏み込んでみようと思う。 だるころさん、読んでくれているだろうか? 佐野元春のデビュー・アルバム『Back To The Str…