Good Old Music 、Fantastic高校野球

林業家kagenogoriが70's~80'sの珠玉の音楽、そして高校野球、etc.についてのたまうブログ

Autumn Songs 2022邦楽編 あきのうた🍂

 

皆様、こんにちはm(_ _)m

 

 

 

今回、、、、重要なお知らせ(笑)があります。

 

 

 

・・・・・・・なんと!!

 

 

 

来たる、、、、

 

 

 

9月30日(金)、、、、、

 

 

 

、、、はワタシの誕生日!🎉🎉🎉(セルフクラッカー.笑)

 

 

 

 

齢(よわい)五十七になります、、、、(精神年齢10才は動かず.笑)

 

 

 

 

 

 

おもえば去年の誕生日、、、

 

 

カミサンが衝撃的メッセージ(笑)を投げかけて来ました、、、、!

 

 

(くわしくはコチラ↓)(^▽^)

kagenogori.hatenablog.com

 

 

ここ(↑)にも書いたように、

 

 

T-REXマーク・ボランと、

 

 

ガガガSPのVocalの人(コザック前田)は、

 

 

同じ誕生日だと知っていたので、あと何人か同じ誕生日のミュージシャンを集めて、

 

 

 

『ゴリ🦍の誕生日スペシャル💪』企画!!(笑)

 

 

を大々的に(笑)やろうと企んでいたのですが、、、

 

 

 

 

 

 

 

有名ミュージシャンは本当にこの二人だけでした(笑)、、、、(ノД`)・゜・。

 

 

 

 

なので誕生日SPは断念!!(笑)(ノД`)・゜・。

 

 

 

ミュージシャン以外で王陽明(笑)ってのはいたんですけどねぇ、、、、

ja.wikipedia.org

 

なんか、、、あまり誇らしくない(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので普通にやります(笑)、、、、(´・_・`)

 

 

Autumn Songs 邦楽編2022「あきのうた」

 

 

、、、始まります!!🍂

 

 

 

 

 

 

 

 

 秋、、、しずかな青い空、、、、

kagenogori.hatenablog.com

 

 

 

 

 そして、、、

 

 

 秋は運動会の季節ですね(´∀`*)

 

 

 

 ワタシは幼少時は体が弱く、足も非常に遅かった(笑)

 

 

 

 幼稚園の運動会の競走の写真では、ワタシ一人だけが走ってる!

 

 

 ぶっちぎりの1位、、、ではもちろん無く(笑)、ぶっちぎりのビリ(ノД`)・゜・。

 

 

 

 ・・・小3のとき、父に勧められて、、

 

 毎晩ランニング(当時はジョギングという言葉を知りませんでした)

 

 をすることにしました、、

 

 

 

 すると、、、

 

 運動会のたびに少しずつ順位が上がって、、、、

 

 

 

 6年生の最後の運動会のとき、、

 

 

 ついに100m競走で1等賞!👑

 

 

 後ろを見て無くて(当たり前か.笑)知らなかったのですが、

 

 優勝候補も含めた2位以下を圧倒的に引き離してのぶっちぎりだったそうです!

 

 

 クラスメートたちが興奮気味に教えてくれました(笑)

 

 そんな時に限って写真が無い(笑)

 

 

矢野顕子 「しんぱいなうんどうかい」

www.youtube.com

 

 

 アッコちゃんって、、、

 

 

 ワタシの心情にピッタリの歌を歌ってくれるから好きです(笑)

 

 

 ほかにも「かぜのひきかた」(笑)とかいう曲もあったりして(´∀`*)ウフフ

 

 

 

 

 

 彼女の曲はどの曲も本当に表情豊かですよね(´▽`*)

 

 

 それに色彩も豊か(*´ω`*)

 

 

 この国にアッコちゃん和田ではありません.笑)がいてヨカッタ、、(●´ω`●)

 

 

矢野顕子  「How Beautiful」

www.youtube.com

 

 

 これ、たしかソニーかどこかのテレビのCM曲でしたよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 松田聖子の’81年の大傑作アルバム風立ちぬ

 

 松田聖子自身の音楽のクォリティ、、

 

 そして日本の歌謡Pops全体のクォリティを、

 

 革命的に引き上げた記念碑的作品である!(個人の意見です.笑)

 

 

 このアルバムのA面(懐かしい、、笑)は、

 

 大滝詠一松本隆という、、81年当時、飛ぶ鳥を落とす勢いだった、

 

 日本最強のソングライティング・チームによって、

 

 全体が一つの物語のようなファンタジー性に富んだ内容となった(後述)。

 

 

 まずはそこから、ワタシが彼女の曲で一番好きなこの曲を。

 

 

松田聖子  風立ちぬ

www.youtube.com

 

 

風立ちぬ

 

 

 アルバム風立ちぬに関しては、

 

 以前、このような記事を書いたことがあります。

 

 ほとんどの方は読まれて無い(笑)と思いますが(´∀`*)

kagenogori.hatenablog.com

 

 

 少女から大人の女性へと成長していく過程にある19歳。

 

 

 その微妙に秘められた女性の心情を、

 

 大滝 ✕ 松本コンビはファンタジーの連作に仕上げ、、

 

 

 その非常に難しいとも思われる楽曲群を、

 

 松田聖子は見事に表現し切りました(^ω^)

 

 

 一見、子供っぽくもなりがちな、その代表曲をお聴きください(#^^#)

 

 

松田聖子  一千一秒物語

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 これは風立ちぬのB面。

 

 作詞は松本隆

 

 作曲は松本・大滝と同じはっぴいえんど出身鈴木茂

 

 地味にいい曲です(*´ω`*)

 

 

松田聖子  「黄昏はオレンジ・ライム」

www.youtube.com

 

 

 

 歌謡曲ついでに、、

 

 堀ちえみ「とまどいの週末」「夕暮れ気分」

 

 なんかもUpしようと目論み(笑)、

 

 久しぶりにベスト盤CD(持ってるんですねぇ.笑)

 

 で聴き直してみたのですが、、、

 

 

 ちょっとヒドかった(笑)ので断念しました(^▽^)

 

 

 

 でも来年の夏、、Summer Songsでは

 

「真夏の少女」「夏色のダイアリー」

 

 やるつもり(笑)なので、ヨロシクね!!(^_-)-☆

 

 

 ※「ヤメロ」というご批判(笑)があれば早めにお願いします(^▽^)

 

 

 

 

 

 

 

 大貫妙子の初期の傑作『ミニョン』

 

 フランス語で「カワイイ」という意味だとか。

 

 ジャケットの大貫妙子も頑張って(笑)カワイ娘ぶってます(´∀`*)ウフフ

 

 

大貫妙子  「突然の贈り物」

www.youtube.com

 

 

 でもオトコはこういう仕草にヨワイのである(笑)

 

 そう、、、ジツにヨワイ(笑)(^▽^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハイ・ファイ・セットのなかでも好きな曲だったのですが、、、

 

 

 これ、ニール・セダカの名曲らしいですね、知らなかったのですが(笑)

 

 

 ハイ・ファイ・セットが歌うジャジーな雰囲気がたまりません(*´▽`*)

 

 

ハイ・ファイ・セット  恋の日記」

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サザンといえば夏!

 

 

 とは言いますが、、、、

 

 

 ワタシは実は秋の物寂しい空気のなかで聴くのが好きだったりします(●´ω`●)

 

 

「YOU」なんて晩秋の黄昏時に聴くと最高!(*´▽`*)

 

 

 

 で、これも、、、秋でもいいですよね?(´∀`*)ウフフ

 

 

サザンオールスターズ  栞のテーマ

www.youtube.com

 

 

 これはよく歌いました(笑)

 

 

 あとこの曲もね!

 

 

サザンオールスターズ  「Ya Ya」

www.youtube.com

 

 

 ゴルゴさんid:g13longkill)、

 

 イチオシ(かどうかは分かりませんが.笑)の曲!(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 でもカラオケで思い出深いのはこの曲でしょうか、、、

 

 

 20代前半の頃、会社関係の数人で呑みに行った際、これを歌いました。

 

 

 アコガレの美人先輩(かなり年上.笑)にホメられて(笑)

 

 

 酔いも手伝ってかなり舞い上がり(笑)、

 

 

 このあと何を歌っても声が上ずってダメでした(笑)(´∀`*)ウフフ

 

 

 今回はこの曲を聴いてお別れです(●´ω`●)

 

 

サザンオールスターズ  「Just a Little Bit」

www.youtube.com

 

 

 甘酸っぱく、苦い、、、、でも時が経てば、ほの甘い思い出、、、、

 

 

 秋はいろんなことを思い出させてくれます(*´ω`*)

 

 

 

 

若き日のボクよ、カムバック!!

                ニンゲンでいえば、すでに50近いまる君(*´∀`*)

 

 

 

 

 

 

カミサンがワタシの大好きな「圓八のあんころ」を買ってきてくれました。

ワタシの故郷、松任(現・白山市の名物。 圓八=「えんぱち」と読みます。

幼い頃からのソウルフード(ソウルスイーツ?)です(●´ω`●)

 

 

竹皮で簡単に包んであるだけです(*´ω`*)

付属のちょっと長めの楊枝で食べます(^^)

 

3✕3の9個に切り分けられています(*^^*)

あぁ・・・・・やっぱりウマい、、、、(;´Д`)

 

・・・最後にアンコがどうしても残るんですね(*^_^*)

それを楊枝でこそげ取って食べるのが、子供の頃からの一番の楽しみでした(笑)
これがまたウマいんですよ(´∀`*)ウフフ

 

未だに、これ以上のアンコを食べたことが無いです(*^^*)

 

甘過ぎず、、舌触り・喉越しもソボクでサイコー!(*´▽`*)

添加物も使わず、、
ご覧の通り、包装も竹皮で格子状に簡単に包んであるだけなので、

基本、消費期限(賞味期限では無く)は「その日のうちに」です。

 

つまり、製造されたその日のうちに食べないといけないのです、、、

 

なので、オミヤゲには向かないかも知れません(*´ω`*)

 

 

金沢にお越しの際は、ぜひ一度、

 

松任名物「圓八のあんころ」を食べてみて下さい(#^^#)

 

 

 

 

 

 

9月24日(土)、、、

クリタン、年に一回のお医者さんの日、、、

 

ものすご~く暴れるので、洗濯ネットに入れられて(笑)病院へ!!(´∀`*)

毎年すごく暴れて大変なのですが、、

 

今年は洗濯ネットのおかげか大人しかったです(*´ω`*)

ちょっとカワイそうなので、「ドナドナ」を歌ってあげました(笑)(^▽^)

 

 

 

病院が大キライなクリタン、、、

 

家に帰って即、押入れの中にピューッと走って行きました(笑)(*´∀`*)

 

 

 

 

 

その頃、まる君は、、、

 

ハァ~・・・ゴクラク、ゴクラクだニャ、、(;´Д`)

 

 

・・って、いつもボクの写真で遊ぶんじゃニャい!!ヽ(`Д´)ノプンプン

カンニン袋の緒が切れたまる君(^▽^)

 

 

 

 

 

 

オオワライタケ...だそうです。

これを食べて、笑いの絶えない人生を!!(*´▽`*)

 

 

・・・恐らく死ぬまで笑い続けることができるでしょう(です!笑)

 ※実際は死にいたることはあまり無いようですが、それでも要注意!!

  体の何処かに疾患があれば死にいたる可能性もゼロではない、、、

  それが毒キノコです!😳(個人の意見です)

 

 

オオワライタケ、通常はもっと多数の株立ちになってるそうですよ、、、(*´ω`*)

 

 

 

 

 

次回、、、、

 

Autumn Songs 2022邦楽編 あきのよるのうた、、、

 

お楽しみに!

 

 

 

Autumn Songs 2022 (3)秋の夜長に、、、

 

 

中秋の名月🌕はとっくに過ぎて(9月10日)しまいましたが、

 

それでも秋の夜長は、ひんやりした月の冷光を愛でていたいものです(^ω^)

 

 

願わくば、極上の音楽と共に、、、、

 

 

 

中秋の名月、、、の前日(9月9日(金))のお月様

 

 

 

 

もう2年前か・・・(●´ω`●)

kagenogori.hatenablog.com

 

 

 

 

 前回にチラッと予告(笑)したのですが、

 

 

 今回、中秋の名月🌕鮮明で無い写真(笑)が多数出て来ます(^▽^)

 

 

 しかも!

 

 

 曇りがちで隠れてる時間が多かったので、似たような写真が続きます(笑)

 

 

 どうかガマンして(笑)お付き合い頂ければと思いますm(_ _)m

 

 

 

 せめてお月さまの模様🐇がボンヤリとでも出てれば、まだいいんですけどねぇ、、

 

 

 

前日9日(金)の夜中




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは秋の夜長にふさわしい、、

 

 心に沁みる2曲をお聴きください。

 

 

ニール・ヤング  「アンノウン・レジェンド」

www.youtube.com

 

 

9月10日(土) 中秋の名月、山の端より出ずる、、、

 

 

 

ビリー・ジョエル  「夜空のモーメント」

www.youtube.com

 

 



 

 

 

 

 

 

 ザンジバルはアフリカ東海岸タンザニア沖に浮かぶ美しい島々ですが、

 

 この歌で歌われているザンジバルは歌詞を読む限り、

 

 ニューヨークダウンタウンの安っぽい(?)バーのように思われます。

 

 

 そこでモハメド・アリの試合やNYヤンキースなどをネタに、

 

 ブツブツ言っている酔っ払い(多分.笑)を歌っている曲です(多分.笑)

 

 

 夏の夜の感じもありますが、何となくいつも秋に聴いてる曲なんですね。

 

 ビリー・ジョエルだから、でしょうか(笑)(^ω^)

 

 

 印象的なトランペット・ソロはフレディ・ハバード

 

 ジャズ界でもテクニシャンと一目置かれる存在で、

 

 モダン・ジャズ(40年代末~60年代)を知る最後の世代でもあります。

 

 

ビリー・ジョエル   ザンジバル

www.youtube.com

 

 ちなみにトランぺッターのフレディ・ハバード

 

 古いジャズファンの間ではあまり評価が芳しくなかったようです。

 

 

 「ロックごときにすぐ魂を売る」とかナントカで(笑) ┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

 

 

 そんなこと言う一部の(←ここは強調しなければ)ジャズファンとは、

 

「ジャズとは高等な音楽で、それを理解する我々はインテリでエリートである」

 

 と大いなるカンチガイをしている大バカモノ共です(笑)┐(´д`)┌ヤレヤレ

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  トム・ウェイツ

 

 

 Rock界の異物。

 

 

 彼の作品はロックというより、ジャズやブルースに近い感じを受けます。

 

 

 そして何よりもデビュー当時から、そのアルバムには必ず「物語」がありました。

 

 

 歌詞は歌詞というより「詩」。

 

 そして彼は歌のなかではいつも「誰か」を演じています。

 

 

 彼の音楽の「演劇性」は83年の

 

 ソードフィッシュトロンボーン以降さらに高まり、

 

 その中の1曲からついに彼を主演とする舞台演劇にまで発展。

 

 

 その劇「フランクス・ワイルド・イヤーズ」用に作曲された劇中歌を集めた

 

 アルバム『フランクス・ワイルド・イヤーズ』

 

 87年にリリースされるに至りました。

 

 

 音楽と演劇の総合芸術、それがトム・ウェイツの作品なのです。

 

 

トム・ウェイツ  「ミュリエル」

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 彼、トム・ウェイツは、歌の中では、

 

 「街の場末の酔いどれ」を演じているように見えます。

 

 冴えないけれど、ちょっと危険な香りのする男。

 

 

「酔いどれ詩人」は彼の代名詞でもあります。

 

 

トム・ウェイツ  「バーマ・シェイヴ」

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 今回は77年の大傑作異国の出来事から、

 

 味わい深い3曲をお聴きいただいています(*´ω`*)

 

 

トム・ウェイツ  異国の出来事

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホール&オーツの82年の代表作『H₂O』、

 

 そのタイトルに反して非常にドライな楽曲が並びます。

 

 もちろんどれも名曲ぞろい!

 

 そのドライさゆえに、

 

 ちょっと冷える秋の夜長のお風呂場やサウナ(ワタシは利用しませんが.笑)

 

 で聴くとすごく良さそうな作品です(´∀`*)

 

 

ホール&オーツ  「オープン・オール・ナイト」

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 去年だったか、、

 

 ジョン・オーツが歌う「ポゼッション・オブセッション

 

 彼らの楽曲の中で一番好きだと告白(笑)しましたが、

 

 

 2番目に好きなのが、『H₂O』のラストを飾る、

 

 ちょっとハードボイルドなこの曲なのです。

 

 

 この曲をサカナに飲むビール🍺がウマイ(笑)

 

 

ホール&オーツ  「ゴー・ソロ」

www.youtube.com

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 最後はまたニール・ヤングの沁みる3曲で泣きながら(笑)

 

 お別れとしましょう。

 

 

ニール・ヤング    「クプ・ドゥ・ヴィル」

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 印象的なイントロから始まるこの曲を聴いて、

 

 泣かない者などいるだろうか?(いや、いない)

 

 

 歌詞の内容など知らん!(笑)

 

 このメロディと、音と、、、

 

 あとニールの歌声があれば、、他はいらない、、、(ノД`)・゜・。

 

 

ニール・ヤング   「ワン・シング」

www.youtube.com

 

 

 前回紹介した「トワイライト」

 

 そして今回の「クプ・ド・ヴィル」「ワン・シング」、、、

 

 

 ニールがモダン・ブルースに挑戦した’88年の傑作、

 

『ディス・ノーツ・フォー・ユー』からの選曲でした!(`・ω・´)ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 秋の冷え冷えとした月には、この曲がよく似合う、、、(*´ω`*)

 

 

ニール・ヤング   「サッチ・ア・ウーマン」

www.youtube.com

 

 



 

いかがでしたかニャ?

おやすみニャさい、、、

 

 

 

 

9月16日(金)  





秋の空、、、(*´ω`*)

 

 

 

 

 

 

一応、月🌓です(笑)

 

 

 

 

9月17日朝、、

今日も暑くなりそうだ、、、( ´ー`)フゥー...

 

 

17日(土) 夕焼けのような朝日、、

ゼッタイ、暑くなる!!(笑) ( ´Д`)=3 フゥ

 



 



今日もやっぱり暑かった、、、_| ̄|○



 

 

 

 

 

次回は、、、

 

 

Autumn Songs 2022邦楽編「あきのうた」です(#^^#)

 

よろしくお願いいたします!(^^)/



 

 

 

 

 

Autumn Songs 2022 (2) 

 

 

皆様、、、、

 

先日9月10日(土)の中秋の名月🌕、、

 

楽しまれたでしょうか、、(*´ω`*)

 

 

こちらは、やや曇りがちではありましたが、

 

お月見🎑を楽しむことができました(´▽`*)

 

 

 

あまり鮮明では無い写真も多数(笑)撮れましたので、

 

次回、Autumn Songs 2022(3)秋の夜長にて、

 

ご披露出来ればと思っておりまする、、、(´∀`*)

 

 

 

 

 

 

相変わらず暑いですが、これでもです(笑)

 

 




 

Autumn Songs2022の二回目です!

 

 

Blu-spec CD ニューヨーク52番街

 

 

 

去年の秋の記事です(^^)

kagenogori.hatenablog.com

 

kagenogori.hatenablog.com

kagenogori.hatenablog.com

 

 

 

一昨年の記事です(*^^*)

kagenogori.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 ニール・ヤング

 

 この人を見てるといつも「孤独な旅人」という印象を持ちます。

 

 決してこの曲から連想してるわけでは無く。

 

 

ニール・ヤング  「孤独の旅路」

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 孤独な旅人、ニール・ヤングは、

 

 CSN&Y(クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング)の中にあっても、

 

 なんだか居心地悪そうに見えます、、、(個人の感想です)(*´ω`*)

 

 

 それでも、、いや、だからこそ、

 

 こんな孤独感が募る名曲を残すのでしょうか、、、

 

 

CSN&Y   「ヘルプレス」

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 なんだか非常に政治的メッセージ色の強いMVを見つけてしまいました(笑)

 

 最初の方は、、キング牧師やら、ニクソンらしきヤロー(笑)やら、

 

 ボビー(ロバート)・ケネディやら、、、

 

 

 どうやらこの曲が世に出た当時1968年の世相を描いているのでしょうか、、、

 

 その後現代につながっていくという内容、、

 

 

 全然変わってないじゃないかと言いたいのでしょう、、、、ね(苦しい、、.笑)

 

 

CSN&Y  ティーチ・ユア・チルドレン」

www.youtube.com

 

 

 ん?チョット待て、、、

 

 この曲が出たのは1970年じゃ無かったか?(笑)

 

 ・・・・・・・まぁいいか(笑)(^▽^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 77年度のヒットチャートとグラミー賞を席巻したアルバム、

 

 ストレンジャーの勢いそのままに、翌78年に発表された

 

 『ニューヨーク52番街』

 

 

 前作同様、ビリー・ジョエルはこの作品でも

 

 JAZZによる都会的な雰囲気を作り上げる一方、

 

 徐々にRockっぽさも主張していきます。

 

 その傾向は次作以降、さらに強くなっていきます。

 

 

ビリー・ジョエル   「マイ・ライフ」

www.youtube.com

 

 

 1978年当時からすでにこんなMVを作ってたんですね!

 

 

 

 

 

 

 

 『ニューヨーク52番街』以降の作品の「Rockっぽさ」への傾倒とともに、

 

 このようなスケールの大きなバラードは、

 

 この曲が最後になったように思います(*´ω`*)

 

 

ビリー・ジョエル  「オネスティ」

www.youtube.com

 

 

 小作品的なバラードは、この後も多数あるんですけどね、、、(●´ω`●)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この後、『グラス・ハウス』(’80)、

 

 『ナイロン・カーテン』(’82)といったアルバムで、

 

 Rockっぽさを強調しようとするビリーですが、、、

 

 

 そもそもがPops体質(笑)のヒトだけに、

 

 「頑張ってRockしてます!」的な(笑)印象になってしまうというか、、(笑)

 

 

 まぁ、そこが好きなんですけどね(´∀`*)ウフフ

 

 

 その反動か(笑)、’83年の『イノセント・マン』

 

 ビリー・ジョエル史上最も軽くて楽しい(笑)作品となりました(*´▽`*)

 

 

 シングルカットされたこの曲も、

 

 古き良きRockっぽくやってるPops(笑)(´∀`*)ウフフ

 

 大好きな曲です(*^_^*)

 

 

ビリー・ジョエル  「あの娘にアタック」

www.youtube.com

 

 

 フフフ、、、、

 

 この曲のメッセージ(あの娘にアタック!笑)を信じた俺(笑)

 

 がバカだったのさ、、、、、フフフ、、、フフフフフフ、、、、、、、、、(ノД`)・゜・。

 

 

イノセント・マン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エルヴィス・コステロのアルバムはどれも悪くないんだけど、、、、、

 

 なんかさァ、、、一枚一枚の時間がすごく短い(笑)んだよねぇ┐(´д`)┌

 

 

 とくに初期はどれも30分ぐらい(笑)

 

 

 すごくソンした気分になる(笑)

 

 

 まぁどれも古レコード屋で買った輸入盤の中古(笑)ばかりだから

 

 いいんだけどさァ・・・

 

 

エルヴィス・コステロ  「アリスン」

www.youtube.com

 

 

 この曲をリンダ・ロンシュタットがカバーした時、、、

 

 

 当のコステロは、

 

 

 「塩化ビニール(注:レコード盤の原料)のムダ遣いさ」

 

 

 とエラそーにのたまったとか。

 

 

 

 ・・・このバカモノが!!(笑)ヽ(`Д´)ノ

 

 

 貴様などリンダに蹴倒されて、ハイヒールの底で踏みにじられるがいい!!

 

 

 

 ・・・・・・・それも悪くないな(笑)(^▽^)

 

 

 

 ちなみにサビで歌われるキメフレーズ、

 

 「マイ・エイム・イズ・トゥルー(My aim is true)」

 

 は、この曲が収められているデビューアルバムのタイトルにもなっている。

 

 ・・・・・で、どういう意味ですか?(笑)(^▽^)

マイ・エイム・イズ・トゥルー+1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしか以前に紹介したような、、、してないような(笑)

 

 たとえ紹介済みであっても(笑)、紹介する本人の記憶がこれだけオボロゲ(笑)

 

 なら大丈夫でしょう(笑)(^▽^)

 

 

10CC  「アイム・ノット・イン・ラヴ」

www.youtube.com

 

 

 

 ちなみに歌詞はサイテーです(笑)(^▽^)

 

 まったく素直になれない愚かな男、、、、身につまされます(笑)

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 森の樹々のすき間から射し込む朝日が、

 

 キラキラと部屋の壁に光のアートを作り、

 

 小鳥のさえずりで目が覚める、、、

 

 

 そんな爽やかな秋の朝(そんなもんねーよ.笑)に聴きたい二曲。

 

 

ダン・フォーゲルバーグ  

     「リーダー・オブ・ザ・バンド

www.youtube.com

 

 

 

ダン・フォーゲルバーグ  

   「スーヴェニール(アメリカの想い出)」

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ニール・ヤング「孤独の旅路」から始まった今回、、

 

 トリもやはりニール・ヤング

 

 

 孤独な旅人が辿り着く「人生の黄昏時」、、

 

 そこにはどんな景色が広がっているのだろう、、、、

 

 

ニール・ヤング    「トワイライト」

www.youtube.com

 

 

 今宵はこの曲を聴いて泣きながら眠りにつきたいと思う(ウソ.笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから写真です(=^・^=)

 

 

空き箱に収まってドヤ顔するまる君

               イヤイヤ、、、収まりきってませんが・・・(´∀`*)

 

 

 

フゥ、、、、、セマい所は落ち着くニャ、、

 

 

 

はみ出シッポ

 

 

 

 

 

 

久しぶりに帰省したお姉ちゃん👧に、珍しくカワイがられるまる君



 

たまらいニャ・・・!

まる、では無く楕円形(笑)のまる君(^▽^)

 

 

 

以前はあまり好きでは無かったお姉ちゃん👧、、、

 

 

なぜならシツコク追いかけ回されたり(笑)、

 

Eテレ『0655』「ねこあるあるある」がかかると無理矢理踊らされたり(笑)

              

 

0分30秒ぐらいから「ねこあるあるある」が始まります(=^・^=)

www.youtube.com

これでよく、両手を持たれて踊らされたニャ!

(ウチでは『0655』を毎日録画してます。ネコがよく出るので.笑)

 

 

、、、、、、、、、、

 

 

 

でも久しぶりのお姉ちゃん👧はナンダカとっても優しい!!(´▽`)

 

 

お姉ちゃん👧に優しくカワイがられてご満悦!(=^・^=)

 

 

 

お姉ちゃん👧に、急所(笑)のワキを攻撃されてなすがまま(*´▽`*)

 

 

 

・・・もう、どうにでもするニャ、、、



 

 

大好きになったお姉ちゃん👧!!

 

 

 

でも、、、、

 

 

ボクが押入れの奥で昼寝している間にいなくなった、、、、😳

 

 

 

大好きになったお姉ちゃん👧、、、

 

 

ボクの知らない内にまた広島へと帰って行ってしまった🚄、、、、(ノД`)・゜・。

 

 

 

 

 

ボクを宅急便で広島まで送っておくれニャ!

・・・・・・・・重量制限オーバーです(笑)(ノД`)・゜・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日が沈む、、、

 

 

 

中秋の名月、、、の翌日の月🌔

月の横で輝くのは木星、、、、、ですね?(笑)

 

 

 

 

翌9月12日(月) 現場近くで迎える朝日🌄

 

 

 

 

次回、Autumn Songs 2022の三回目、

 

 

秋の夜長特集です! 

 

 

(鮮明で無い)月🌕の写真も満載です!(笑)

 

 

 

Autumn Songs 2022 (1) 秋のRock

 

9月9日(金)はまる君の8歳の誕生日です!(=^・^=)

 

 

ハッピバースデイ♪ ま~る君♫



 

ハッピバースデイ♪ ま~る君

 

 

ハッピバア~スデイ♪ ディア ま~る君♫

って、近い近い、、、、💦

 

 

 

ハッピバースデイ♪ ま~る君♫✨🎂💐🎉

 

 

 

 

 

 

食欲の秋だニャ!!(=^・^=)

 

 

 

イヤイヤ・・・・・秋、、それはAutumn Songsの季節!(`・ω・´)

 

 

 

心配していたネタギレは堂々回避!!(笑)

 

 

 

性懲りも無く(笑)今年もやりますAutumn Songs2022!!

 

 

 

kagenogori.hatenablog.com

 

kagenogori.hatenablog.com

 

 

 

 

 今回Autumn Songs 2022の一回目は、

 

 ロックンロールで秋を感じていただきましょう。

 

 

 

 いきなり不安に思われた方も多いとは思いますが(笑)大丈夫!!

 

 そんなに暑苦しくないですよ!(笑)(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 となればやはり真っ先に紹介すべきはレナード・スキナード

 

 

 SUMMER SONGS2022の暑苦しいRock編(笑)で紹介した、

 

 オールマン・ブラザーズ・バンドと同じサザン・ロックの雄!!

 

 

 アメリカ南部のスワンプ・ミュージックに

 

 影響を受けたところも共通。

 

 

 

 でもご安心ください(笑)、そんなに暑苦しくないですから(笑)

 

 

 何故なら彼らの音楽には重苦しさなどミジンも無いからです(笑)

 

 

 逆に言えば軽い(笑)

 

 

 

 オールマン・ブラザーズがスーパー・ヘヴィー級なら、

 

 レナード・スキナードはライト級ぐらい(笑)

 

 

 まぁ聴いていただきましょう。

 

 まずは以前も紹介済みのこの曲から!

 

 

レナード・スキナード   「スウィート・ホーム・アラバマ

www.youtube.com

 

 

 ひとりでに口ずさみたくなるような、メロディーと南部独特のリズム。

 

 

 でもこの軽い聴きやすさを支えているのは、

 

 超一流と言っていい演奏力の高さ!

 

 アメリカのロックの、これが底力です👍

 

 

 

 

 

 

 

 以前も言ってたことなんですが、一応お断りしておくと、当ブログでは

 

 レーナード・スキナードではなく「レナード・スキナード」

 

 表記させていただきます!

 

 

 だって、、、レーナード・スキナードなんて、、、

 

 ちょっと間が抜けてる(笑)じゃないですか!(失礼、、笑)

 

 

 

 それに、、、

 

 

 ストーンズ『ベガーズ・バンケット『~・バンクェット』

 

 

 ロッド・スチュアートの『ガソリン・アレイ』『~・アリー』

 

 

 デレク&ザ・ドミノス「デレク&ザ・ドミノーズ」

 

 

 アヴェレージ・ホワイト・バンド「アヴェリッジ・ワイト・バンド」

 

 

 ザ・ポリス「ザ・ポリース」(笑)等と、

 

 

 こだわりの表記(笑)をするピーター・バラカンが、

 

 

 「レナード・スキナード」と表記してるんですよ!

 

 

 

 まぁ、ピーター・バラカンを錦の御旗にするのも癪なのだが(笑)

 

 

 いずれにせよ、、、

 

 

 レーナード・スキナードには未来永劫馴染めんと思う(笑)

 

 

レナード・スキナード  「ドント・アスク・ミー・クエッションズ」

www.youtube.com

 

 この曲名通り、

 

 ムズかしい質問をされると困るタイプ(笑)のヒトたちなんでしょうね(´∀`*)ウフフ

 

 

 

 

 

 

 

 続いてもレナード・スキナードで、超ゴキゲンなナンバー、、、

 

 「コール・ミー・ザ・ブリーズ」

 

 以前、J.J.ケイルの特集でも名曲として紹介させて頂いた曲です。

 

 

 ワタシが長い間レナード・スキナードのオリジナルと信じていたのが、

 

 実はJ.J.ケイルの曲だったという(笑)

 

 

 あぁ、、でもレナード・スキナードの良さ、、、

 

 カッコ良さ、いい意味での軽さ、でもしっかり大地に根付いた強さ、、、、

 

 、、等を知るには、格好の曲なんですよねぇ、、、(*´ω`*)

 

 

 動画では途中、何度かムサ苦しいオッサンたち(笑)が登場しますが、、

 

 まぁ、いい動画です(´∀`*)ウフフ

 

 

レナード・スキナード  「コール・ミー・ザ・ブリーズ」

www.youtube.com

 

 

 J.J.ケイルだとCOOLな知性さえ感じた曲も、

 

 レナード・スキナードにかかれば、お聴きの通りのドンチャカ騒ぎ(笑)

 

 

 この一見ナニも考えて無さそうな(笑)軽さとノリ!

 

 これこそがレナード・スキナードのストロング・ポイントなのです!

 

 あまりホメてるようには聞こえないかもしれませんが(笑)(´∀`*)

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 ここで一旦落ち着きましょう(笑)

 

 アメリカ・ディープサウスの良心ともいうべきボビー・チャールズ

 

 

 やはりどちらかというと南部寄りの出身J.J.ケイルと同じく、

 

 多くのミュージシャン、アーティスト達から愛され、

 

 また尊敬を集めるボビー・チャールズですが、、、

 

 

 人前にあまり出たがらないところもJ.J.ケイルとよく似てる(笑)

 

 そんな彼の人柄がモロに出ている(笑)素朴な歌心に溢れた名曲です(^^)

 

 

ボビー・チャールズ    「君がここにいてくれたなら」

www.youtube.com

 

写真がヘタクソでスミマセン(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボニー・レイットが好きなんです。

 

 

 アメリカの大地の匂いを感じさせながらも、

 

 都会的なソウル・フレーバーも持ち併せる、、、

 

 

 変に小細工もしない、ケレン味の無さも魅力です。

 

 

 とくに72年発表のアルバム『ギヴ・イット・アップ』

Give It Up (2008 Remaster)

 

 この名盤から極上の曲をお届けしたいと思います。

 

 

 

 まずは「あなただけが」

 

 こころに染み入る名曲・名唱だと思います。

 

 バックのサポートもVERY GOOD!!👍

 

 これぞ、大人のLOVE SONG。

 

 

ボニー・レイット  「あなただけが」

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 大地の匂いをたっぷり含んだこんなアップテンポの曲も

 

 この人の魅力です。

 

 歌が上手い人はリズム感が抜群である、、、

 

 というワタシの説(笑)はここでも証明されている、、、気がする(笑)

 

 

ボニー・レイット 「アンダー・ザ・フォーリング・スカイ」

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 このバラードもいいですよ(*´ω`*)

 

 こういうのを聴くにつけ、キャロル・キングとかに比べて評価が低すぎる、、

 

 なんてこと思いながら聴いてます(笑)

 

 

ボニー・レイット  「ラヴ・ハズ・ノー・プライド」

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボブ・ディランというのは本当につかみどころの無いアーティストだ。

 

 

 ナニを考えてるのか分からないところがある。

 

 

 彼の歌詞を読んで、少しでも理解しよう、、などと思うのはヤメておくことだ。

 

 

 よりいっそうの「困惑の沼」にハマるだけだ。

 

 

 比較的分かりやすいのは「ライク・ア・ローリング・ストーン」、、、

 

 「ハリケーン、、・・・あ、、あと「アイ・ウォント・ユー」(笑)

 

 

 

 吉田拓郎のように分かりやすい詞(笑)をもっと書けばいいのに、、、、

 

 

 などと思ってたらノーベル文学賞なんぞ受賞しやがった(笑)

 

 

 ますます理解は遠のくばかりである。

 

 

ボブ・ディラン  「トゥームストーン・ブルース」

www.youtube.com

 

 

 「墓石のブルース」、、、

 

 意味は全く分からん(笑)が、かなり好きな曲でもある(笑)

 

 Rockって感じがする(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 イギリスはマンチェスターの象徴的バンド、ストーン・ローゼズ

 

 

 ストーン・ローゼズの魅力、それは意外にも(笑)高い演奏力である。

 

 個人的にはそう思ってる。

 

 メディアから全く評価されなかった(笑)2ndアルバム、

 

 『セカンド・カミング』から一曲聴いてみて下さい(*´ω`*)

 

 

ザ・ストーン・ローゼズ  グッド・タイムズ」

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 色々と思う所のある2022年の秋

 

 ・・・の第一弾「ロック特集」、

 

 

 シメは「やっぱ秋と云えば」ビートルズを聴いてお別れとしましょう。

 

 

 ワタシがビートルズで一番好きな

 

 『ホワイト・アルバム』(正式タイトルTHE BEATLES)から、

 

 3曲ですが、どれも短い曲ですので、、(#^^#)

 

 

ザ・ビートルズ  「マーサ・マイ・ディア」

www.youtube.com

 

 

ザ・ビートルズ  「アイム・ソー・タイアード」

www.youtube.com

 

 

ザ・ビートルズ  「ブラックバード

www.youtube.com

 

 

 

 ちなみに「アイム・ソー・タイアード」は、

 

 ワタシがビートルズで一番好きな曲です(/ω\)

 

 Rockって感じがする(笑)

 

 

 

 

 次回のAutumn Songs2022(2)、、、

 

 もう少しポップな内容です(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

ここから写真です。

 

 

9月4日(日) 夕陽です。

雲が無ければ、地平線のあたりに夕日に光る海が見えるのですが、、(*´ω`*)

 

 

30分後のお月様🌓

 

 

 

 

9月5日(月) 早朝の現場にて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月6日(火) 

 

現場に向かう途中のコンビニ駐車場から

 

 

現場に向かっております(`・ω・´)ゞ

 

 

 

 

 

現場の空

 

 

同じく6日(火)7時半ごろ アジトにて  フェーンの空・・・



8時半ごろ アジトにて


注:アジトとは、、、、

  kagenogoriとゆかいな仲間たちの道具一式が納められている倉庫(レンタル)。

  ただし当人たちは「土場」と呼んでます。

 

 

 

 

 

 

我が家でゴロンゴロンしている新種のアザラシ発見!

ゴマるアザラシと命名されました!(`・ω・´)ゞ

 

 

 

amazonで購入した毛取りブラシを早速試すママ👩

とりあえず匂いをチェックだニャ! クンカクンカ...ω

 

 

出来上がった毛玉ボールのあまりの小ささとイビツさに愕然とするまる君、、、

 

 

 

 

 

期待ハズレだったニャ・・・

ではまた来週、、、、

 

 

 

 

 

 

 

追伸、、、、、

 

本日9月6日(火)、

 

金沢市最高気温38.5℃、、、

 

 

台風は、あのはるか向こうを通過中、、、、多分

 

ネコが押入れから出て来ません(笑)

 

注:押入れの中は比較的夏は涼しく冬暖かいようです(笑)

 

 

 

もの想ふ秋、、、(*´ω`*)

 

 

残暑は所々に残っておりますが、、、

 

 

季節はもう秋。

 

 

 

気持ちのいい風を浴びながら日光浴を楽しむまる君

 

 

 

 

猛暑でゼェハァ...ゼェハァ...と考える余裕など無きに等しかった真夏から一転、

 

 

空気が秋めいてくると、、、

 

 

ニンゲン、モノ想いに耽ったりするものであります。

 

 

 

モノ想いに耽る・・・

今日はどんなエサかニャ、、、(●´ω`●)

 

 

 

 

それはゴリラ🦍と言えども同様なのであります。

 

涼しくなればゴリラの脳みそにも、

 

つまらぬ空想や、善からぬ妄想など、、何某かの想いは巡るのであります。

 

 

ヨカラヌ事を思いついたニャ!



 

それをポツリと独りごちてみても、

 

ツイッターなどというシャレたことはできないゴリラ🦍ゆえ、

 

耳を傾けてくれるのは我が家のネコだけ、、、、、

 

 

聴き耳立ててるフリをすればいいんだニャ!



 

 

、、、今回、思い立ってこの場を借りて呟いてみることにさせて頂きました。

 

 

全くの個人的な独り言なので、、、

 

 

聞き流し、、読み流し、、、それで結構でございますm(_ _)m

 

 

ながらで結構ニャので、適当に付き合っておくれニャ・・

ボクだってパパのワシャワシャに仕方なく付き合ってるニャ・・・( ´ー`)フゥー...



 

それに付随して紹介させていただく音楽も、

 

ワタシのつぶやきと捉えていただければと思います、、、、、m(_ _)m

 

 

ワシャワシャもいいかげんアキてきたんだけど、、、、これもお仕事お仕事、、、、



※とは言ったものの、フタを開ければただの「グチたれ流し大会」(笑)

 となってしまいました(笑)(ノ∀`)アチャー

 読んで不快に感じる方もおられるかもしれませんので、

 その際は容赦なくスルー!で大丈夫です(●´ω`●)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お葬式に国の予算から〇億〇千万、、、、

 

 

 しかしお亡くなりになられた原因は、ご本人、そして彼の所属政党と

 

 金満カルト宗教との密接な結びつき、、、、、

 

 

 彼等はそれによって互いに甘い汁を吸い続けてきた。

 

 その関係が「国」に貢献したことなどカケラも無く、

 

 逆に害悪でさえあった。

 

 

 そしてそのカルト宗教に”家族”を破壊され、人生を破壊された青年の私怨。

 

 

 それなのに「国」のカネを億単位でつぎ込むですと?

 

 

 「お葬式」をされることにはまったく反対しないが、

 

 クニとは関係ないところでやってくれねぇかな?

 

 

 

 だってそれ、どう考えても「内輪の問題」だろ?

 

 

スライ&ザ・ファミリー・ストーン  ファミリー・アフェア

www.youtube.com

 

 金満政党と金満宗教団体、、、

 

 それぐらいのカネはポケットから出てくるんじゃない?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 それにつけても、、、、スゴイ国ですこと。

 

 政府与党が2大新興宗教に浸食されてる国(笑)

 

 ・・・ったく、、キツイ冗談だ。。。。。

 

 

ジョン・レノン  「イッツ・ソー・ハード」

www.youtube.com

 

 

そんなヤツラには横目でネコパンチだニャ!👊



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この政府が無能なことはみんなウスウス分かっている。

 

 もう何年も、主要国のなかで突出して賃金が上がらない(下がってる)国。

 

 毎年の自殺者が異様に多い国。

 

 それなのに、かの宗教には一体どれだけのカネが流れていってるんだろう?

 

 

 そのようなことを平気で許しているこの国この国民、、、

 

 

 隣の国はコチラを指さして高笑いしているんだろうな。

 

 

 このようないびつな状態、、、

 

 

 脳内にチョウチョ🦋が飛んでいるゴリラ🦍にさえ、

 

 いつまでも続くとはとても思えない。

 

 

 遅かれ早かれ、怖ろしいほどの混乱が、、、きっと来る。

 

 

ボブ・ディラン  「スーナー・オア・レイター」

www.youtube.com

 

 

イビツなお腹、、、って言ってるのは誰ニャ?



 

 

 

 

 

 このような状況の時、必ず近づいて来るのが「戦争の足音」。

 

 

 こんな状況だから戦争が近づくのか、、、

 

 戦争が近いからこんな状況になってるのか、、、

 

 

 それは分からんが、密接に結びついているということなんだろう。

 

 

 昭和初期を思い起こせば、、、、、どうだったか。

 

 

ジョン・レノン  「兵隊にはなりたくない」

www.youtube.com

 

 

ボクは隠れるニャ



 

 

 

 

 

 

 

 そうは言っても、対外状況を見れば「やむなし」と見る向きもあるかもしれない。

 

 ワタシだって「あの国」が攻めてこないとは思っていない。

 

 あの国は必ず来るだろう。

 

 

 だからこそ、早急に政府をまともな状態に戻し、

 

 まともな外交努力が出来る国に戻すべきではないのか。

 

 

 この政府はA国に盲目的に追従するのみで、外交努力はほぼゼロに等しい。

 

 昭和初期でさえ、まだ外交努力はあったはずである。

 

 

 この国の「対外戦争」はいつも、、、

 

 「やむにやまれぬ」理由から「やむなく」始まってしまう。

 

 いつもそうである。

 

 

 しかし「努力」することなく、「やむなく」始まってしまうのであれば、、、

 

 それは”日本史上初”のこととなるのかもしれない。

 

 

 今、この国の周りは危険な国家、危険な独裁者、危機的状況に、

 

 文字通り囲まれている。

 

 

 なのにこの体たらく。

 

 

 これから眠れぬ夜が少しずつ増えていく、、、のはカンベンして欲しい。

 

 

ジョン・レノン  「ハウ・ドゥ・ユー・スリープ?」

www.youtube.com

 

 

眠れニャいのは非常に困るニャ...グゥスカピィ...……

 

 

 

 

 

 

 

 

 この国も、そして人類も、、

 

 意外と「歴史」に学ばない。

 

 

 これまでもずっと同じ過ちを繰り返してきた。

 

 多分、これからも?

 

 

ルー・リード   「エンドレス・サイクル」

www.youtube.com

 

それじゃネコとあまり変わらニャいねぇ、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何か「大きな力」の思うままに、世界が動いて行ってるような気がする。

 

 それが「歴史」の力なのか、どうか、、、

 

 

 

 卑近な例を挙げれば、、

 

 今、世界を動かしている大きな力の一つが、

 

 偽善者ヅラしたメディアの連中であることは間違いない。

 

 

 彼等は今日も世界中の人民の脳をセッセと洗うのに忙しい。

 

 

 全く以てご苦労なことだ。

 

 

 世界を動かすヤツラの顔を見てみたいものである、、、イヤ、やめておこう(笑)

 

 「真実」のマヌケヅラなんて見るだけ損だ。

 

 

ジョン・レノン  「真実が欲しい」

www.youtube.com

 

ボクにはどうでもいいことだニャ



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんな世界でも、、、、、

 

 

 「隣人を愛せよ」、、、、と「彼」は言った。

 

 「信じる者は救われる」、、と、また別の誰かが言う。

 

 

 生きる理由、、、それは楽しいから(笑)

 

 楽しい未来を夢想するから。

 

 

 でも自分だけが楽しくても、、、、

 

 周りが不幸だったり、泣き叫んだりしていたら、、、

 

 

 それは楽しくない。当たり前だ。

 

 

 みんな一緒に楽しく生きる。世界がみんな一緒に笑顔で暮らす。

 

 

 それが楽しいのだ。

 

 

 それを夢見ることが楽しいのだ。

 

 

 そうか、、、それが「隣人を愛せよ」ということか、、、

 

 

ブルース・スプリングスティーン  「生きる理由」

www.youtube.com

 

寝て、食って、また寝て、、、時々日向ぼっこ。 生きるって最高だニャ(*´ω`*)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それともうひとつ、、、

 

 世界の真実、、宇宙の真実、、、、

 

 好奇心旺盛なゴリラ🦍はそれを知りたい。

 

 

 世の中は「本当」はどうなっているのか、、、

 

 宇宙は「本当」はどうなっているのか、、、、

 

 

 

 とりあえず、、、

 

 まだ死ぬわけには行かないな・・・「本当のこと」がわかるまで、、、

 

 

デクスター・ゴードン  「本当のことがわかるまで」

www.youtube.com

 

 

ホントーのことがわかるまで、、、、、もうひと眠りするニャ・・



 

 

 

 

パパの下らんツブヤキ(=グチ)にお付き合いいただき、痛み入るニャ!

感謝の念に堪えニャい・・・m(_ _)m

 

 

 

 

では、また来週、、、ω

 

 

 

 

とりあえず、日常は続く、、、、

 

 

 

 

 

 

※本日8月31日(水) 金沢の最高気温35度を超えました(笑)

 フェーンですね、、、、(´∀`*)ウフフ

 皆様のところはいかがでしょうか?

 

 

 

 

次回からAutumn Songsです。よろしくお願いいたしますm(_ _)m

風の王国

 

 

                  ※無料サイトよりお借りしました m(_ _)m

ストーンヘンジを青い空 ストックフォト

 

※今回、かなりボリューム多めです。

 時間のある時でけっこうですのでよろしくお願いいたしますm(_ _)m             

 

 

 

 

 

 

 

 

「風」、好きですねぇ(*´ω`*)

 

 

子供の頃、一番好きだったアニメが、

 

ムーミン(一番最初のやつ)だったのですが(笑)、

 

とくに好きだったのは、スナフキンが登場する場面でした。

 

 

風のようにふらっと現われ、風のようにまたいなくなる、、、

 

スナフキンのようになりたい、、、というのが夢でした(*´ω`*)

 

 

 

そしてスナフキンムーミン上空には、いつも風が吹いている、、、

 

 

彼らはいつも風に吹かれている、、、

 

 

 

そんな感じが、あのアニメを好きだった一番の理由だったことに気付いたのは、

 

だいぶあとになってからのことでした。

 

 

オフコース  「風に吹かれて」

www.youtube.com

 

 

冒頭の写真、ストーンヘンジ・・・

 

いつも風に吹かれているような、ここの写真や映像を見ると、いつも

 

風の王国という言葉が浮かんできます。

 

ムーミン谷もなんとなく風の王国という感じがします(●´ω`●)

 

 

本当は「風の谷」と言いたいところだけど、

 

それじゃナウシカになっちゃうからね(笑)

 

 

北海道の草原と青空 | 自然・風景 > 空・雲 | GANREF

                    ※無料サイトからお借りしましたm(_ _)m

 

 でもその実、、

 

 いつも上空を吹き渡っている「風」というのは、、、、

 

 本当は心の中にいつも吹いている「風」なんじゃないか・・・・

 

 そんな気もします。

 

 

 ムーミンスナフキン、、そしてワタシや、あなたたちにも、

 

 きっと「心の中の風」は吹いています(*´ω`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夏から秋に向かうこの時期は、台風の季節でもあります。

 

 日本列島に大きな被害をもたらす台風ですが、

 

 ワタシは幼少期の頃からこの台風が大好き!

 

 

 たまに台風が直撃した日には、家の横にある大きな広場の真ん中に立って

 

 エネルギーに満ちた強風を身体いっぱいに(笑)浴びていたものです(^▽^)

 

 今でも台風が来ると外に出たくなります(笑)

 

 

 もしニュースの台風映像で、上空を吹き飛ばされているゴリラが映っていたら、

 

 それはワタシだと思って下さい(笑)

 

 

村田和人  「台風ドライブ」

www.youtube.com

 

 

 台風のときに車を走らせるのも好きですねぇ(*´ω`*)

 

 ただ、いきなりの突風が吹きますので、必ず四駆をかけて走ります(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「風」にこだわっている人がいます。

 

 松本隆

 

 自分が生まれ育った、高層ビルが建ち始めるずっと前の、

 

 古き良き東京の街、、、

 

 彼はそれを「風街」(かぜまち)と名付けました。

 

 そして自らが所属したはっぴいえんどの2ndアルバムのタイトルを

 

 『風街ろまん』と名付け、広く日本人の心に残るようにしたのです。

 

 

 松本自身が作詞した収録曲「風をあつめて」には、

 

 彼が愛した「風街」まぼろしが、

 

 蜃気楼のように揺らめいては立ち現われています。

 

 

 アッコちゃんが、この名曲を唄っています。

 

 こうなるんですね(´∀`*)

 

 

矢野顕子  「風をあつめて」

www.youtube.com

 

 

 さすが、、、松本隆の歌詞が秀逸ですね(=^・^=)

 

 「風をあつめて 蒼空を翔けたいんです 蒼空を」

 

 というフレーズが大好きです(*´ω`*)

 

 

 もし蒼空を飛ばされているゴリラを見かけたら(以下省略.笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風のように貴女の前に現れ、

 

 風のように爽やかな笑みを残し、

 

 風のように去ってゆく、、、、

 

 

 というキモチワルイ男(笑)を目指しているゴリ🦍です!(`・ω・´)ゞ 

 

 

 もし貴女の前に風のように🦍が現れたら、、、、、逃げて下さい(笑)(^▽^)

 

 

SUGAR BABE  「風の世界」

www.youtube.com

 

 

 まだうら若い大貫妙子の歌声が初々しいですね(^ω^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「風の季節」に吹くのは、、、

 

 ぽっかり空いた胸の穴を吹きぬける、ちょっと虚しい感じの風・・・

 

 

杉真理  「風の季節」

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前紹介した曲ですが、ここでパッと心が明るくなる曲を。

 

 タイトルは「風の街」、、、、、

 

 そう、作詞は風街少年・松本隆なんですね(^ω^)

 

 通りを吹きぬける爽やかな風、、、、、

 

 当時のシティ・ポップスって、今聴いてもすごくレベルが高いですよね(*´ω`*)

 

 

ハイ・ファイ・セット  「風の街」

www.youtube.com

 

 

 コッチ(id:acchikocchiitiza)さん、この動画のバイク、いかがでしょうか(*^▽^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 吉田美奈子とデュエットしてるのは、てっきり、、、

 

 つのだ☆ひろだとばかり(笑)思ってました。

 

 全くの別人(岡沢章さん)でした(笑)(^▽^)

 

 

 とはいえ、、、

 

 あの吉田美奈子とタメ張って(笑)、極上の「風」を届けてくれるあたり、

 

 ナカナカの人物とお見受けしました!(`・ω・´)ゞ

 

 

吉田美奈子  「風」

www.youtube.com

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 沖縄の海辺で感じる琉球の風」、、、、

 

 また格別な気がします(●´ω`●)

 

 

TINGARA  「海風」

www.youtube.com

 

 今年のお盆も、ワタシは例年通り、過去の戦争にまつわる番組を見ていました。

 

 

 ・・・考えさせられたことは多々あれど、、、、

 

 それをここで言うのはやめておきましょう。  

 

 

 ただ、、、

 

 今年の初夏のころに訪れた広島、、

 

 天候は最悪でしたが、普段暮らしている金沢では決して感じられないような、

 

 「風」のようなものを感じました。

 

 

 そういえば以前訪れた長崎でも、

 

 やはり「風」のようなものを感じたことを覚えています。

 

 

 その「風」、、、終戦後もその土地で生き抜いた人びとの”想い”、、

 

 それが「風」としてワタシの心の中に吹きぬけ、共鳴したのでしょうか、、、

 

 

 原爆を落とされた広島や長崎の人びと、

 

 空襲を受け焼け野原となった日本中の人びと、

 

 そして戦場となった沖縄の人びと、、、

 

 虚しく”終戦”を迎えた人びとの心の中には、

 

 どんな「風」が吹いていたのでしょうか、、、、、

 

 

TINGARA  「風舞」

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この「風」もワタシの心情に近い「風」のような気がします。

 

 

 常に上空を吹き渡っている風、、、

 

 

南佳孝  「風にさらわれて」

www.youtube.com

 

 

 上空を吹き渡るあの風に乗って、何処までも行けたら、、、

 

 そう思うのです(*´ω`*)

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これも一度紹介した曲ではあるのですが、、、、

 

 音楽で感じることが出来る最も素敵な「風」、、、

 

 それがこの曲かもしれません(#^^#)

 

 

 切ない想い、切ない経験、、、、

 

 それらをすべて吹っ切らせてくれるのが

 

 「音楽のような風」なのではないでしょうか、、、

 

 

EPO  「音楽のような風」

www.youtube.com

 

 

 さきほどのハイファイセット「風の街」もそうなんですが、

 

 このキッキさんの音楽動画は非常にクォリティが高いですね!(^ω^)

 

 音の品質も最高!(*´▽`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風の王国、いかがだったでしょうか(^ω^)

 

風の王国といえば、

 

 ワタシは東北こそがその名にふさわしい土地のように感じます。

 

 宮沢賢治に「風」を感じるように、、、、

 

 

 小学生のときだったか、、、、

 

 同級生が『風の又三郎』を、『風のタマ三郎』と発言し(笑)、

 

 クラス中を笑いの渦に巻き込んだことを思い出しました(笑)

 

 

ロキシー・ミュージック  「アヴァロン」

www.youtube.com

 

 

ロキシー・ミュージック 「Tara」

www.youtube.com

 

 

 東北の大震災から11年が経っています。

 

 あの日から、、、頑張り続けた東北の人たち。

 

 

 ワタシなどが言うことでは無いとも思うのですが、、、

 

 

 おそらく言葉では言い尽くせない思いが

 

 「風」として、、、

 

 東北の人達の心のなかに吹き続けてきたのではないでしょうか、、、

 

 

 

 あれから11年経った夏、、

 

 ついに、、、仙台育英高校が、東北の代表校として、

 

 初の甲子園での優勝を果たしました。

 

 

 たかが高校野球・・されど、、、、

 

 「風の王国」東北に、そして日本中に、「新しい風」が吹いている。

 

 ワタシにはそう思えるのです(*´ω`*)

 

 

 


 

萩の花が咲いていました・・・(*´ω`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからパンの写真です🍞🥐🥖

 

 

 

 

 

クリームパン (1)

 

 

 

 

クリームパン (2)

 

 

 

 

 

スナックパン (1)

 

 

 

スナックパン(2)



 

 

 

ホワイトデニッシュ(?笑)

 

 

 

 

マーブルパン(?)、、、ウーム(笑)

 

 

 

 

・・・・・・・・フム(笑)(*´∀`*)

 

 

 

 

 

 

焼き過ぎ黒コゲパン(笑)

失礼だニャ!ヽ(`Д´)ノプンプン

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから早朝の空の写真です(=^・^=)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜になれば、もうスズムシたちの合唱が聴こえます(*´ω`*)

 

 

 

 

ではみニャさん、来週までしばしのお別れですニャ(;_;)/~~~

 

 

 

オマケ

パパにワキをワシャワシャされて悶絶(笑)するまる君(^▽^)

 

 

 

 

 

 

東儀秀樹の世界(1) ~ 静かな晩夏を過ごしたい方へ

 

幻奏譜

 

 

 

 

 

 

 

 実を言うと、最近ニュースらしきものを殆ど見ていない。

 

 Yahoo!ニュースなんかも見だしをチラッと見とけば十分、てな気がする。

 

 いや、正確に言えば「見出しだけで読む気が失せる」。

 

 「混迷」という言葉しか思い浮かばない日本と世界の状況。

 

 正直、もうナニがどうなろうと知ったこっちゃない。勝手にしろ。

 

 

 神様、ワタシに翼をください

 

 この「世界」と関わりを持つことなく、大空を自由に飛んでいたいのです。

 

 

 そして願わくば、、、

 

 行きたくても行けない憧れの場所を空から訪れてみたい、、、

 

 

 女性でにぎわう真夏のビーチ、、、

 

 女性でにぎわう都会のプール、、、、、、

 

 女性でにぎわう温泉街の露天風呂、、、、、、、、、(●´ω`●)

 

 

 って、コラコラ!!(笑)(^▽^)

 

 

「翼」

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「汀」と書いて「みぎわ」と読みます。

 

 「みぎわ」、すなわち「みずぎわ」で、「渚」と同意です。

 

 午後の汀、、、昼下がりの渚、それとも湖の波打ち際でしょうか、、、

 

 あるいは、、、午後と夕方のあいまいな境目あたりのことでしょうか、、、、

 

 

 二胡の響きに心はたゆとうて、、、

 

 いずれにせよ、やさしい昼下がりです。

 

 

「午後の汀」

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夜空の星々を無心に眺めていると、

 

 星たちが泣いているように思えることがあります。

 

 ひこぼしが泣いています。

 

 誰の為でしょうか、、、織姫でしょうか、、、?

 

 ワタシには人類と地球の生き物たちのために泣いているように思えます。

 

 

「ひこぼしの涙」

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシたち人類は、長い、長い時間をかけて現在に辿り着きました。

 

 歴史が始まって一万年、、、人類誕生からは数百万年、、、!!

 

 「言葉」の発明、そして時代がかなり下って「文字」の発明、、、

 

 恐らくはそれが今の人類の「繁栄」をもたらしています。

 

 

 何種類もの人類が誕生しましたが、

 

 今生き残っているのはホモ・サピエンスだけです。

 

 

 「人類」は「言葉」の通じない集団を「敵」とみなし、殺戮し、滅ぼして来た、、

 

 という説があります。

 

 本当かどうかは分かりませんが、さもありなんという気もします。

 

 

 人類が長い長い時間をかけて磨いてきたのは、結局、、、

 

 相手を負かす技術、殺す技術、征服する技術、、、

 

 ということなのでしょうか?

 

 今ワタシたちが便利に思って使っているインターネットやGPSも、

 

 もとはと言えば軍事技術らしいですから。

 

 

 長い、長い時間をかけてやって来た「結果」がいまの世界です。

 

 人類に「時間(とき)の道」はあとどれくらい残されているでしょうか?

 

 

「時間の道」

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ようやく風が涼しく感じられるようになってきました。

 

 やさしく風がそよいで、女性の衣服を静かに揺らします。

 

 それが「衣由羅」。

 

 

「衣由羅」

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一休さん

 

 アニメからは想像もつかないほどの波乱万丈の人生だったようです。

 

 二度の自殺未遂を経て辿り着いた境地が「ありのままに生きる」!

 

 飲酒、、肉食、、、そして女好き!!(笑)(^▽^)

 

 お師匠様、、、!!(*´▽`*)

 

 

 そんな一休和尚ゆかりの塔所、、

 

 それが大徳寺の境内に建てられた真珠庵です。

 

 

「真珠庵」

www.youtube.com

 

 

 そんな一休さんが残した言葉で一番好きなのが、

 

 「死にたくない」です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東儀秀樹の世界」、、、

 

 今回は1997年発表の3枚目のアルバム、

 

『幻奏譜』からのセレクトでした。

 

 

 静かな晩夏、感じていただけたでしょうか、、、、(*´ω`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから朝の風景です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた来週(@^^)/~~~

 

 

 

 


幼少期のまる君です(=^・^=)