Good Old Music 、Fantastic高校野球

林業家kagenogoriが70's~80'sの珠玉の音楽、そして高校野球、etc.についてのたまうブログ

『カセットテープ・ダイアリーズ』、ついに見たぜ👍

        カセットテープ・ダイアリーズ(字幕版)

 

    明日なき暴走

 

 

 

 

  先日、やっとこさ届いた『カセットテープ・ダイアリーズ』Blu-ray

 

 

 言うまでもなく、「ザ・ボス」ことブルース・スプリングスティーンRock'n'Roll満載の映画だ。

 

 

  観ましたぜ、BOSS!

 

 

 

 あ、予告してた「人生は旅」

 

 例によって(笑)次回っつーことで(笑)(^^)/

 

 鉄は熱いうちに打たないとね(^_-)-☆(笑)

 

 

 

 

 映画の内容については、ネタバレしない程度の言及にとどめるつもりですが・・・

 

 でも使われている音楽についてはいいですよね?……ね!(^▽^)

 

 

 

 一応サラッとあらすじ的に説明しておくと・・・

 

 

 イギリスのとある小さな町。

 

 時は1987年、鉄の女サッチャーがまだ首相として君臨していた時代。

 

 主人公は親の代にパキスタンから移住してきた2世。

 

 その町はパキスタン系のコミュニティがあり、モスクも建っている。

 

 しかし当時のイギリスは今以上に保守的で、特にこのような郊外の小さな町では平気で人種差別を行う輩なんかも多くいる。

 

 当然パキスタン系コミュニティはそのような連中の目の敵にされ、いろいろと嫌がらせも受けている。

 

「バッドランド」


Bruce Springsteen - Badlands (The River Tour, Tempe 1980)

(・・・・今の世の中は、まさにバッドランドだ。でもこのバッドランドを生き抜く。とにかく生き抜くんだ。バッドランドが生きやすくなるまで・・・・)

 

 

 

 イギリスで生まれ育った主人公は、厳格、というよりは「保守的」で頑迷な父に押さえつけられ、

 

 かたや、やはり「保守的」な白人たちの嫌がらせや白眼視を受け、

 

 「もうこんな町は出てしまいたい」と思っている。

 

 

「裏通り」


Bruce Springsteen - Backstreets (Studio Version)

 

 

 ため息をつきながらの、ウツウツとした日々、、、、、、、

 

 同じくムスリムの新しい学友から貸してもらった2つのカセットを聴くまでは・・・・・・

 

 

 

 ちょっと説明し過ぎたきらいはあるが、とりあえずは、開幕。

 

 

 

 

 いきなり最初に流れて来た音楽がペット・ショップ・ボーイズ「It's a sin」だったのには、思わず笑ってしまった。

 

 ブルース・スプリングスティーンONLYでは無いのね(笑)

 

 まぁ、’87年のハナシだから、、、、そうか、音楽を聴いただけで、当時の感じが蘇ってくるもんだなぁ。

 

 当時はシンセを駆使したチャラ系POPS(笑)が全盛、、、だったようだ。

 

 

 

 そして主人公が、ムスリムの学友と出会った場面。

 

 

 後で貸してもらうことになるカセットを見て「誰?」と訊く。

 

 彼は答える。

 

 「ボスさ」

 

 「ボスって・・・・誰の?」

 

 「俺たちみんなのさ!」

 

 

「ダンシン・イン・ザ・ダーク」


Bruce Springsteen - Dancing In the Dark (Official Video)

 

 

 普通、「ボス」って言うと、日本語にすれば「親分」(笑)とか「カシラ」(笑)とかになるんだろうけど、

 

 彼を「ボス」と呼ぶときのニュアンスは、そういう感じでは全然ないんだよなぁ。

 

 どちらかというと「アニキ!」という・・・・・敬愛しながらも親しみを込めるというか・・・そういう感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 大好きな「サンダーロード」が意外な使われ方をしていた。

 

 そうか、、、この曲って、こんなにも希望に満ちた楽しい曲だったんだ!

 

 新しい発見。

 

 

「サンダーロード」


涙のサンダーロード!和訳 Bruce Springsteen/Thunder road

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初から、感情移入という以上に、どうにも主人公と自分を重ね合わせて観てしまっている。

 

 ただ、映画の主人公は「闘って」いた。

 

「ノー・サレンダー」


Bruce Springsteen - No Surrender

 

 

 自分の夢を叶えるために「闘って」いた。

 

 かたや、オレは・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボスの音楽は、今までは乾いた土煙の中で聴いてるようなイメージがあったけど・・

 

 それはアメリカの辛く厳しい現状を訴え、またそれに抗うことを歌っている、としか捉えていなかったからじゃないか。

 

「闇に吠える街」


Darkness on the Edge of Town (Live in Houston, 1978)

 

 

 

 しかし・・・・

 

 こうして映画の中で訳詞を見ながら聴くボスのRockは、

 

 

 こんなにも希望に溢れている!

 

 こんなにもパワーを与えてくれている!

 

 こんなにも背中を押してくれている!

 

「Born to run」

 

 

 こんな単純なことに、今まで気付いていなかったのか?

 

 いや、分かっていたのかもしれないけど、無意識のうちに、そういう捉え方をあえてしてこなかったのかもしれない。

 

 それは自分自身の問題。

 

 

 いま、この時期に、この映画に出会えたことにも、なにか意味があるんじゃないか。

 

 そんな気がしてしょうがない。

 

 

 これは、まさにこれからの「風の時代」にふさわしい音楽。

 

 そして「風の時代」にこそ聴くべきもの!

 

 それが、BOSSのRock! 

 

 

 

 「風の時代」に乗って、

 

 自分だけの「プロミスト・ランド(約束の地)」を見つけよう!

 

 

「プロミスト・ランド」


Bruce Springsteen - The Promised Land

 

 

 俺は「約束の地」を信じている。

 

 

 

 

 

 

 これは、何もかもがひっ迫して先が見えない今の時代に観られるべき映画だ。 

 

 

 最後に主人公に向けられた言葉。

 

 

 「お前の物語を書け」

 

 

 次代を担う、これからの若い人たちにも観て欲しい。

 

 

 切にそう思う。

 

 

 

 

 この流れのまま、次回「人生は旅」へと続く・・・多分(笑)・・・今度こそ(笑)

 

 

 

 

 

風の時代へ

MINT JAMS(Live)

 

 

 

 風の時代。

 

 去年の冬至、12月22日から始まって、向こう200年ほど続くらしい。

 

 

 

 

 

 いままでの『土の時代』。

 

 金銭も含めた、物質的(マテリアル)なもの、こと

 

 それを質量ともにどれだけ「所有」しているか、否か………

 

 

マドンナ   「マテリアル・ガール」


Madonna - Material Girl (Official Music Video)

 

 

ザ・ポリス   「マテリアル・ワールド」


The Police - Spirits In The Material World

 

 

 そして(個人よりも)組織や社会の「秩序」、「権威」、「タテの関係」

 

 「固定概念」、世間のジョーシキ

 

 そういったことに価値が偏重されていたのが『土の時代』

 

 

 

 

 

 『風の時代』は物質的なものじゃないことに価値が置かれるらしい。

 

 

 そして土地に縛られるように固定されたり、四角四面な価値観に縛られ押し込められるのとは逆に、

 

 それぞれの「個性」や「自由な発想」、 

 

 それらのつながり、コミュニケーションといった「横のつながり」

 

 そういったことに価値が置かれる時代、ということらしい。

 

 それが「風」に乗るように広がっていく、そういう時代だと。

 

 

 ではロープで縛られることが好きなヒト(笑)はどうなるのか、などという不安はまったく別のハナシ(笑)らしいので、心配は無用のようだ(´∀`*)ウフフ

 

 

 

 

 ワタシがわかっているのはこれぐらい。正直、ちゃんと理解しているとはとても言えない。

 

  なので『風の時代』についての質問はご遠慮願いたい(笑)

 

 

 

 

 しかしワタシは今始まったばかりの『風の時代』に大いに興味を持ち始めている。

 

 

 そして大いに期待感を持ってもいる。

 

 

 『土の時代』が 物質的な価値観の時代だった、ということには首肯できる。

 

 

 もちろん、そのような価値観を否定するわけではないのだが、正直今までは、ワタシのような者にとって生きやすい世の中では無かったように思う。

 

 

 それが時代のせい「だけ」だったのかどうかと問われれば、分からないと答えるしか無いのだが。

 

 

 

 

 この『風の時代』はワタシを、私たちを、どのような地平へ連れて行ってくれるのだろうか。

 

 

カシオペア    「テイク・ミー」


Take Me - Casiopea

 

 

 行き先は・・・

 

 ・・・・とりあえず「風」の向くまま、、も面白いかもしれないが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  人にはそれぞれ個性があり、また向かおうとしている場所もそれぞれ違う。

 

 

 そして「風」にもひとつひとつ個性がある。

 

 

 風の向き、強さ、温かいか冷たいか、湿り気を帯びているのか乾いているのか。

 

 

 自分自身の大きな目標に向けて動き出そうするとき、その決断をするとき、

 

 

 「いま吹いているのが、自分にとってどのような風なのか」を見極めることも、

 

 

 もしかしたら大事なことなのかもしれない。

 

 

 「追い風」にしても、ゆっくり促すような気持ちのいい風なのか、

 

 

 背中をドンと押してくる強めの風なのか。

 

 

 それによって、その後の展開もずいぶんと変わってくることだろう。

 

 

 だけどそれをアタマで考え過ぎると、結局動けないまま、ということだってあり得る。

 

 

 大事なのは、直感。「風」を感じる。

 (普段から直感力を磨いておけば、判断は早く、正しくなる。これはホント。)

 

 

 直感が、「動くのは今だ!」と教えてくれることがある。

 

 

 それは自分にとっての「いい風」が吹いているのかもしれない。

 

 

 だったら、とりあえずその風に乗ってみればいい。

 

 

 人生はトライ&エラーの繰り返しなんだから、恐れることはない。

 

 

 これはワタシ自身に言い聞かせていることでもある。

 

 

 その風を帆にいっぱい集めて、動き出そう。

 

 

 

はっぴいえんど     「風をあつめて」 


【高音質】はっぴいえんど 風をあつめて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一時期、風に乗って空を飛ぶ夢をよく見ていたことがある。

 

 色んな町や、風にたなびく一面の草原を眼下に見下ろしながら、風に吹かれるまま・・・

 

 

 

 自分自身が浮遊して飛んでいるのだからコワさなんて全然ない(笑)

 

 飛行機嫌いでいけない異郷の地も、これなら行けるかも(笑)

 

 

東儀秀樹     「異郷の風」 


薬師寺  【東儀秀樹 異郷の風】

 

 

 

 

 

 

 「風」に乗り、あるいは「風」に運ばれ、辿り着くのは・・・・・・

 

 「ここよりもいいはずの何処か」、、、なのか?

 

 

ロキシー・ミュージック   「モア・ザン・ディス」


Roxy Music - More Than This

 

 

 

 きっと何処かにあるはずの、自分にとっての理想郷、約束の地。

 

 

ロキシー・ミュージック    「アヴァロン」


アバロン/ロキシー・ミュージック Roxy Music - Avalon

 

 

 それは、実は自分自身の内部にこそ、探し求めるべきものなのかもしれない。

 

 気付いていないだけで、元から身近に在ったものなのかもしれない。

 

 

 

ロキシー・ミュージック     「Tara」 


Roxy Music - Tara - Live

 

 

 

 「風」に乗り、あるいは「風」に運ばれ、辿り着くのは・・・・・・

 

 

 それは場所では無く、夢に見た、なりたい自分の姿。

 

 

 周囲の目なんて関係ない。

 

 

 周りに合わせるために「自分」を曲げて、四角い箱の中に押し込めるのではなく、

 

 

 自分を信じて、、、自分にしかない個性を信じて、、、、

 

 

 人間は本来、どんなカタチにでもなれる!

 

 

 東儀秀樹    「夢をはこぶ風」 


東儀秀樹 夢をはこぶ風

 

 

 

 

 

 ワタシはと言えば、ここ一年ほど怠って来た古代の探究をそろそろ再開しようかな、と。

 

 仕事やブログのこともあるので、本腰を入れて、という感じにはならないかもしれないけど。 

 

 まずは、読まずに溜め続けてきた本の数々を、とりあえず優先的な十数冊、読むことから始めないと(笑)

 

 

 

 そして次回、「人生は旅」に続く・・・・・・・・多分(笑)

My Favorite Songs  黒歴史編 ~ 歌謡曲(笑)

潮風の少女 [7" Analog EP Record]

 

 

 いやぁ~、年明けからずっと山に入れてない(笑)

 

 体もなまるが、脳はそれ以上に腐りかけてきている(笑)

 

 壊れかけのレディオからは感動が生まれるが、腐りかけの前頭葉からは腐りかけのロクでもない考え(笑)しか生み出されないものですな(*´ω`*)

 

 で、思いついたのが、この企画(笑)

 

 皆様のムチ、甘んじて受けましょうぞ(*´▽`*)  

 

 

 

 普段、RockだのJAZZだのとウルサク言ってるが、ワタシの音楽的ルーツはもちろん、歌謡曲にある。

 

 できれば隠しておきたかった過去(所々で漏れだしてはいたが.笑)ではあるが、腐りかけの前頭葉では、これしか思いつかなかった(笑)のが隠しようのない事実である。

 

 以前から予告している『風の時代へ』の記事は、もうちょっと脳がシャキッと(笑)しているときにやりますんで、今回はこれで許して欲しい(笑)(´∀`*)ウフフ

 

 

 

 

 では、JAZZやRockからは想像もつかないワタシの黒歴史(笑)、とくとご覧いただこう。

 

  

 

 

 

 歌謡曲と言えば、百恵ちゃん!(*´▽`*)

 

 好きな曲はイッパイあるけど、やっぱコレだね(^_-)-☆

 

 


いい日旅立ち 山口百恵

 

 モモエチャン・・・・イチドデイイカラ、ソノクチビルニフレサセテクダサイ・・・(笑)(´∀`*)ウフフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キャンディーズのラストコンサート、同じくキャンディーズファンだった友人宅で絶叫しながら(笑)見てたなぁ・・・・(*´ω`*)

 

 ランチャン、スーチャン、ミキチャン、、、 イチドデイイカラ、ソノフトモモ(以下自主規制)

 

 


キャンディーズ 微笑みがえし

 

 


微笑がえし / CANDIES

 

 キャンディーズの名前の由来は「食べちゃいたいくらい可愛い」から、というのは有名な話し。

 

 

 

 食べちゃいたいくらい・・・・・・・・・

 

 

 今のワタシだったら「シロコロホルモンズ」とか(笑)(^▽^)

 

 

 「カツ丼’s」とか(笑) (●´ω`●)

 

 

 「チャーシューメンズ」とか(笑)にしてそう(*´▽`*)

 

 

 ワタシが事務所のシャチョーでなくてヨカッタね、ランちゃん💗(´∀`*)ウフフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 数年前に、当ブログでたびたび登場している一十三十一のカバーを聴いて、懐かしくなった。

 

 大好きだったというわけでもない(笑)のだが、まぁ、それだけの理由で(笑)(´∀`*)ウフフ 

 

 


唇よ、熱く君を語れ ① (1980年)/渡辺真知子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 単にアイドルとしてではなく、「理想の女性」ナンバーワンが石川ひとみだった。

 

 清楚とキュートを併せ持つ奇跡(笑)の女性。

 

 そう、、、女の子というよりは「女性」ってカンジだったんだよなぁ、ひとみは💗

 

 


石川ひとみ まちぶせ

 


石川ひとみ ♪まちぶせ♪ Ishikawa Hitomi


石川ひとみ まちぶせ

 

 長男が幼かった頃、NHKの幼児向けだったニャンちゅうの番組 (番組名忘れた.笑)に石川ひとみが出ているのを見たときは興奮(コラコラ.笑)した。

 

 子供をダシにして(笑)欠かさず見ていた(コラコラ.笑)のも懐かしい思ひ出である(笑)(*´ω`*)

 

 おかげで一時期、ニャンちゅうのモノマネが得意だった(笑)

 

 (ダミ声で)ヒトミチュワァ~ン(笑)(´∀`*)ウフフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジュリーは大好きだったが、ザ・タイガースのことは過去のグループということで、よく知らなかった。 

 

 でもこれは素直にカッコイイと思ったなぁ(*´ω`*)

 

 これを上手く歌えると気持ちいいだろうなぁ、と思いつつ、一度もカラオケ等で歌ったことはない。

 

 


ザ・タイガース (1982) 色つきの女でいてくれよ (A LIVE 1982 同窓会記念コンサート・ライヴ) 沢田 研二

 

 今のジュリー、見る影も無く太っちゃったね(笑)(´∀`*)ウフフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ココカラがいわば、本当の黒歴史💗

 

 覚悟してご覧あそばせ💗(´∀`*)ウフフ

 

 

 

 

 柏原芳恵はワタシが生まれた、ちょうどその翌日(1965年10月1日)に、この世に生を受けた。

 

 それを知って当時のワタシはビビッと運命を感じた。

 

 何故って?

 

 バカ(笑)だったから(´∀`*)ウフフ

 

 


春なのに/柏原芳恵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小泉今日子は最初の頃が一番かわいかったな(*´ω`*)

 

 なぜか分からんが、笑いが込み上げてくる(笑)(´∀`*)ウフフ

 

 


小泉今日子 ひとり街角


ひとり街角/小泉今日子

 

 カ、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・カワイイッ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 堀ちえみを最初にテレビで見たときは衝撃(笑)を受けた。

 

 ナニにって?

 

 もちろん、そのカワイさにですよ(*´▽`*)

 

 それがあんな肝っ玉母ちゃんになるとはなぁ(´∀`*)ウフフ

 

 


潮風の少女 堀ちえみ

 

 


潮風の少女 堀ちえみ

 

 カ、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・カワイイッ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大トリはやっぱこの曲でしょうな。

 

 ん?笑うトコじゃナイヨ(笑)(´∀`*)ウフフ

 

 


早見優 夏色のナンシー 1983/5/2


早見優夏 色のナンシー

 

 

 

 ホントのことを言うと、歌謡曲で一番好きだったのは松田聖子なんです。

 

 でもYouTubeでは、いいのがまったく無かったので断念(ノД`)・゜・。

 

 いつの日か、ちゃんと松田聖子の名曲の数々を取り上げることができますように・・・

 

 

 

 このまま調子に乗って、いつか洋楽編、邦楽編もやるかもしれませんが、アタタカイ目で(笑)見守ってやってください(´∀`*)ウフフ

 

 

パネェ雪! ゆかちん殿!大丈夫ですかぁぁーーーっ!!

 みなさん、こんにちは。

 

 雪かきの疲労で魂が抜けきっている(笑)ゴリラです。

 

 

 北陸は記録的大雪となってますが、ワタシの住んでいる金沢はまだマシな方。

 

 富山福井は脅威の1m越え。

 

 特に富山は昨日の時点で126cm(だったと思う.ウロ覚えですが.笑)。

 

 今日だとどれだけになっているのか。。。。。。

 

 富山市にお住まいのゆかちんさんが心配である。

www.toyamayama.com

 

 一昨日(1月8日)の時点でこの状態ですからね・・・・

 

 ちなみにワタシの家は、今朝こんなカンジでした。 

 

f:id:kagenogori:20210110090547j:plain

一晩でこれだけ積もりました。昨夕の雪かきの苦労はナンダったんだ……(笑)

f:id:kagenogori:20210110090612j:plain

息子のベンツ(超中古.笑)。色はクリアホワイト。カッコイイでしょ?(笑)

f:id:kagenogori:20210110090323j:plain

カマクラじゃないよ ♪  ベンツだよ🎵(笑)

 

 金沢でも一晩でこれだけ積もったんです。

 

 

 ゆかちんさんサンタ君、お散歩しようとしたら、雪の中をトンネル掘りながら・・・・なんてことにならなきゃいいけど・・・・(ならんわ!!笑)
 

 

 ワタシも一日に何回も雪かきして疲れが・・・(笑)

 

 今朝も早朝から2時間かけてやりました。

 

 もう雪を捨てるところが無い・・・

 

 ゴリ子、もう限界。。。。。💗

f:id:kagenogori:20210110093022j:plain

我が家の庭ですが、もはや庭ではない(笑)

 

 

 つーワケで(笑)今回は一曲のみとさせていただきます(笑)(^^)/

 

 集中して(笑)味わって下さい(*´▽`*)

 

 


中島美嘉『雪の華』 Music Video

 

 

 もはや雪の華なんてハシャイだことは言ってらんねぇ状況(笑)

 

 

 ゆかちんさん、ホントに大丈夫ですか?

 

 

 もし人手が必要ならいつでも呼んでください、たいきメン殿を(笑)(^▽^)

 

 

 正直、ワタシもイッパイイッパイです(笑)

 

 

 猫の手も借りてぇッス!!

f:id:kagenogori:20210110090500j:plain

しかし役に立たないであろう(笑)

 

漢から見て色っぽい女性アーティスト(笑)

 

 

 

 どうも、ヒトサマの企画にすぐ乗っかっちゃうゴリラです(笑)

 

 山に入れないため週明けまで休み決定!

 

 人間、ヒマになるとロクなこと思いつかないもんですな(笑)(´∀`*)ウフフ

 

 

 

 

 ヒトサマの企画・・・もちろん(笑)ゆかちん殿の記事でごじゃります(^▽^)

 

 大変目の保養になる(笑)記事ですので、特に男性諸氏よ、ご覧あれ(´∀`*)ウフフ

www.toyamayama.com

 

 なるほど、女性視点で見るとこういう感じですね。

 

 

 ウム、どの女性もカワイイですな(*´▽`*)  ナットク、ナットク。

 

 

 しかし!である。

 

 

 

 女性であるゆかちん殿に先を越されてこのような企画をされてしまい、ワタシは男として非常に恥じている!

 

 

 自分自身に対して怒りさえ覚えている!

 

 

 こうなれば、ここはとして立たねばなるまい。

 

 

 二番煎じの記事になってしまうことに関しては恥じ入るばかりだが、たるもの、ここで立たねばいつ立つのだ!

 

 

 立て! オトコどもよ!

 立つのだ!!

 

 

 

 あ、キミはもう立っとるか、〇殿。 

 

(〇に好きなイニシャルを入れてね(^_-)-☆)

※言い忘れてましたが、当記事はR18指定です(笑)

 

 

 

 

 

 

 そういうワケ(笑)で、恥をかくことも厭わず、「漢から見て色っぽい女性アーティスト」企画をここに敢行するものである!!

(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

 

(バカのお付き合いありがとうございました(笑)m(_ _)m

 

 

 

 次回と予告していた「風の時代へ」の記事は、またの機会(笑)ということでm(_ _)m

(∀`*ゞ)エヘヘ

 

 

 

 

 

 では、ここからは皆様のご批判を受けることも厭わず、攻めの姿勢(笑)でいかせていただこう。

 

 

 

 まずはカーリー・サイモン

 

 MVの彼女は恐らくお年を召されてからのものだと思うが、全盛期(笑)の彼女のアルバム・ジャケットをご覧いただければ、納得(笑)いただけるのではないだろうか。 

 

カーリー・サイモン  「うつろな愛」


Carly Simon - You're So Vain

 

ノー・シークレッツ<SHM-CD>

 

 

Playing Possum

 

 一枚目のアルバムは彼女の代表作となった’72年の『ノー・シークレッツ』

 

 たしかにここまで公に(笑)さらけ出せば、秘密など無いも同然である(笑)(^▽^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いてもジャケットオチではあるが(笑)、リンダ・ロンシュタット

 

 この人は外見はもちろんのこと、その内面も本当に可愛らしいひとだった。多分(笑) 

 

 声もイイ・・・(笑)

 

 

リンダ・ロンシュタット 「風にさらわれた恋」


Hasten Down the Wind - Linda Ronstadt

 

 

風にさらわれた恋

 

 可愛いでしょ? イロイロと(笑)(^▽^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 楽曲自体のインパクトにおいて、この曲の右に出るものなどあるだろうか?

(いや、ない.笑)

 

 ディスコの女王、ドナ・サマー衝撃(笑)のメジャー・デビュー曲 (^▽^)

 

 オリジナル・ヴァージョン、ショート・ヴァージョン、併せてドーゾ。

 

 心して聴かれよ(笑)

 

 あ、R18です(笑)(^^)/

 

 

ドナ・サマー    「愛の誘惑」


Donna Summer Love To Love You Baby original long version (Disco 70s)


Donna Summer - Love To Love You Baby

 

 

 

Love To Love You Baby

 

 この表情がすべてを物語って(笑)おりますな(^▽^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とにかくダイアナ・ロスの声が好きでして(∀`*ゞ)エヘヘ

 

 ワタシなんか、この人の声だけで(以下、自主規制)

 

 

 

 ダイアナ・ロス   「恋はくせもの」


Diana Ross - Why Do Fools Fall In Love (LYRICS + FULL SONG)

 

 

 リアルタイムで聴いていた曲。

 

 同タイトルのアルバム『恋はくせもの』(’81)「エンドレス・ラヴ」なんかも入ってて、今でもダイアナ・ロスでは一番好きなアルバムですねぇ(*´ω`*) 

 

Why Do Fools Fall In Love

Why Do Fools Fall In Love

  • 発売日: 2004/04/01
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

 

 これは、’73年の有名な『タッチ・ミー・イン・ザ・モーニング』のアルバム・ジャケット。

 

 美しいでしょ?

タッチ・ミー・イン・ザ・モーニング


"Touch Me in the Morning" Diana Ross

 

 

 

 

 

 最後はやはりワタシが敬愛するオネエサマ(笑)にご出陣いただこう。

 

 ほかならぬジョーン・ジェット姉御である。

 

 

 見よ! この美しさを!!

 

The Hit List

 

 これは’90年に出したカヴァー・アルバムである。

 

 邦題は『雨を見たかい』

 

 

 紹介する曲はもちろん、クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル(CCRのカヴァーで「雨を見たかい」。 

 

 

 

ジョーン・ジェット     「雨を見たかい」


Joan Jett - Have You Ever Seen The Rain

 

 

 

 

 

 以上、ゆかちん殿の紹介された女性アーティスト達と、我が女性アーティスト陣を比べてみるに及んで、、、、、

 

 色っぽさ(というよりエロっぽさ.笑)ではわずかに我が方が優った(はず.笑)が・・・・・

美しさ、可愛らしさという点では、圧倒的(笑)完敗だったような気がする(笑)

 

 

 

 ・・・・・よかろう。

 

 ワタシも漢だ、ここは潔くキッパリと負けを認め、罰ゲームを受けようではないか。

 

 

 

 ・・・ゆかちん殿、罰ゲームとして貴女のムチ(笑)を甘んじて受けることに致しましょうぞ(笑)(ノД`)・゜・。

 

 あ、できればいつもの(笑)100回コース(ローソク付)でお願いしまぁーす(笑)

(`・ω・´)ゞ

 クーポン券使えます?

 

肩の力、抜かない? 

f:id:kagenogori:20200606102745j:plain
f:id:kagenogori:20200606102654j:plain

 

 肩に力が入るのは、相手を威嚇して横歩き(笑)になるときだけ、という理想のライフスタイルを実践されているお二方。

 

 この写真、以前使ったことあったっけなぁ?(笑)

 

 

 

 

 

THE EAGLES    「Take It Easy」


The Eagles 🦅 Take It Easy [Lyrics]

 

 

 気楽にいこうぜ!

 

 ・・・でもそれが意外に難しい状況だってあるってことは、わかってるんだけどねぇ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なにもかも投げ出して、どこか知らない遠いところへ行きたい。

 

 そんなとき、ありませんでした?

 

 

奥田民生    「イージューライダー」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何かがおかしい。

 

 自分の中で何かがズレてる感じがする。

 

 ・・・・・ちょっと疲れてるのかもしれない・・・

 

 

きのこ帝国  クロノスタシス


きのこ帝国 - クロノスタシス(MV)

 

 

 そういうときは、まわりに人がいても孤独感が振り払えなかったりするもの。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 意味もなく疲労感を募らせることがある。

 

 自分と周りの微妙なズレ。

 

 自分?が悪いのか。

 

 それともまわりが悪いのか。

 

 胸が苦しい。

 

 息をしてるだけで苦しくなる。

 

 

キリンジ   「エイリアンズ」 

 

 

 すこし深呼吸して休もうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 上を目指してわき目も振らず戦う日々。

 

 自分だけでなく、まわりもみんな戦っている。

 

 そりゃ疲れるって。

 

 

 

くるり   ワンダーフォーゲル


くるり - ワンダーフォーゲル

 

 

 少し遠い所まで見渡してみないか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、頑張るなとは言わない。

 

 でも「肩肘張らない」はけっこう大事。 

 

 その方がうまくコトが運んだりするもの。

 

 

杉真理 feat.伊藤銀次   「マイルドでいこう」 


マイルドでいこう : 杉真理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 社会の中で生きていくことは、実は大変なこと。

 

 目をサンカクにして頑張らなければならない時だってある。

 

 

 でも人間社会だけが世界のすべてじゃない。

 

 人間の手の届かない、もっと広い世界に思いを馳せてみるのもいいかも。

 

 

 例えば宇宙のこととか。

 

 星降る夜、心を天の川に遊ばせてみれば・・・

 

 

PINK   「人体星月夜Ⅱ」


人体星月夜Ⅱ

 

 

 ほら、肩の力がだんだん抜けてくるのが・・・・わかるでしょ? 

 

 

 

 

 

 そうだ・・・

 

 一緒に星空見に行きませんか。

 

 今宵、いや・・今度でもいいか。

 

 

福耳   「星のかけらを探しに行こうAgain」 


福耳 / 星のかけらを探しに行こう Again

 

 

 つまりそれだけの心の余裕が必要、ってことですよ。

 

 

 

 

 

 そして次回、「風の時代へ」に続く・・・(笑)

めでたき新年を祝う”歌”

 

 新年、明けましておめでとうございます m(_ _)m

 

 

 

 元旦!! !(^^)!

 

 でも雪がどっさり!!(笑)

 

 

 ・・・・・・

 

 

 

 正月に降る雪、積もる雪は、この国ではいにしえより吉兆だとされてきたようです。

 

 今日は、そんなめでたいお正月にふさわしい「歌」を、皆様にお送りたいと思います。

 

 でもその前に、まず正月らしい音楽を一曲。

 

 

 

 光り降る音。

 

 笙(しょう)という和楽器がありますが、その音はまさに宇宙から降り注ぐ光のごとくでございます。

 

 宇宙から、と申し上げましたが、その「光」はまさに雪解けの清冽な水のごとく、心身ともに洗い清めてくれる光。

 

 笙の音色はまさしくその光のようなパワーを持っていると申せましょう。

 

 もともと煩悩が少ないワタシなど、この音を聴いていると心身の隅々まで透明になっていくような心地でございまする。

 

 まさに聖水を浴びるがごとく、でございます。

 

 「聖水を浴びる」と聞いて異常に反応したP殿、T殿、そこに直らっしゃい。

 

 そしてこのありがたい音色に包まれなさい。

 

 


光り降る音 / 笙 東儀秀樹

 

 

 

 

 ここで先に述べた、古来より新年の歌として、非常に大きなプラスのパワー、浄化のパワーを持つとされている歌をご紹介いたしましょう。 

 

 

 歌といっても、これは万葉集の歌です。

 

 マン〇シュウではない、マンヨウシュウです、P殿。

 (※この「シュウ」にどのような漢字をあてるかで貴方の人間性が問われます)

 

 言われる前に先に言っておきました。

 

 話しが逸れましたが、これは「歌のパワースポット」とも言うべきパワーを持っておりますゆえ、そらんじれば貴方の運も徐々に向上していくことでしょう。

 

 大伴家持の歌でございます。

 

 

 

 

  新たしき 年の初めの 初春の

 

   今日降る雪の いやしけ吉事 

 

                               大伴家持

  

 

 

                      ※新しき ・・・ 「あらたしき」

 

                      ※吉事 ・・・  「よごと」

 

 

 

 

 あとはこの歌を念頭に置きながら、あるいはそんらんじながら、美しい和楽器の音色をたのしんでくださいませ。

 

 


東儀秀樹 (Hideki Togi) - TOGI - Hichiriki Best Songs

 

 


千里の旅路  東儀秀樹

 

 


東儀秀樹 【蒼き海の道】  薬師寺 蓮華

 

 


雅楽(ががく) New Asia〜東儀秀樹

 

 

 

 

 いかがでしたでしょうか。

 

  

 では・・・

 

 

 今年が皆様にとって幸多い年となりますように。

 

 

 

 この国の人たちが皆、笑顔でいられますように。

 

 

 

 混迷のアジアに新しいアジア(NEW ASIA)の「風」が吹きますように。

 

 

 

 世界中に「光」が満ちるように、平和の輪が広がりますように。

 

 

 

 P殿、T殿がこのブログで下ネタを撒き散らしませんように。

 

 

 ワタシが網タイツと女性用下着(黒・シースルー)を常用していることが、皆様にバレませんように・・・・・

 

 

 

 

 

  

 ではみなさん、今年もどうぞ、よろしくお願いいたしまするm(_ _)m