Good Old Music 、Fantastic高校野球

林業家kagenogoriが70's~80'sの珠玉の音楽、そして高校野球、etc.についてのたまうブログ

時事

人も、人を包む世界も、日々、変わり続けるものだから  

これは今週のある現場で撮った一枚である。 いや、実際は撮ったというより撮ってもらった(笑)のだが。 四季によって、天候によって、さまざまに色彩や表情を変える日本の自然と風景。 こういうモノトーン的世界も日本らしくていいですな。 林立する巨大な…

”ここではない何処か” へ……  ロキシー・ミュージック『アヴァロン』

何だか最近、疲れ気味だ。 年をとってジジイになったせい? それもあるだろう。 キンドナに振り回され続けたせい? それも……あるかもしれん。 でもそれだけではない気もする。 なんだかココロが酸欠状態なのだ。 息が苦しい。 新鮮な空気が欲しい。 さしずめ…

キンドナよ、イイカゲンにしてくれよおぉ! オレの、そして清志郎のイカリの声を聴け!

今日は体調がすぐれず、仕事を休みマシタ。 それなのにコンナコトやってていいのか(笑)というハナシもあるかと思いますが、そこはご容赦のほどm(_ _)m ……………………………………………………………………………………………… !注意! 今回、ちょっとカゲキな内容になっております。チョッ…

とりあえずキンペーとドナルドに見せてやれ ジョン・レノン『Sometime in New York City』

キンちゃん、ドナ君。 【※キンちゃん=キンペー、ドナ君=ドナルド】 このコロナ禍では、世界が一致協力して、力を出し合うべきだったし、その大きなチャンスでさえあった。 それなのに。 世界はまた分裂してイガミ合う方向へ突っ走り始めている。 キミたち…

とりあえずキンペーとドナルドに聴かせてやれ。 カルチャー・クラブ「The War Song」

前回に引き続き、迫力あるジャケット(笑)。 このジョージ君の表情や朱く暴発するアタマ(笑)から察するに、いつに無くお怒りのご様子。 ワタシも怒っている。 普段温厚な笑顔を絶やさずにいる(笑)このワタシが、である。 ナニに怒っている? そりゃぁ、…

珠玉の70's~80's Japanese Pops &Rock(18)シーナ&ザ・ロケッツ 「ha!ha!ha! Hard Drug」 … スゴすぎ(笑)

のっけからスミマセン、驚かす(笑)つもりは無かったのですが(笑)。 それにしても迫力ありますな、このジャケット。 前回は、ガラにもなくマジメモードが噴出してしまったようだ。 前々回では「当ブログではオモシロオカシクを貫きたい」と高らかに(笑)…

”光”は見えたか ~ トッド・ラングレン「アイ・ソー・ザ・ライト」

徐々に新たな感染者の数が減少してきている。 国内では自粛の緩和も検討され出している。 しかしまだまだ油断は出来ない。するべきでもない。 また日本国内でも世界でも、様々な”差別”が表面化してしまっている。 国際政治に目を向ければ、中国、アメリカ、…

乾いた季節 ~ AORでまったり

世界と日本の多くの人々が大変な思いと、疲労感を募らせている現状のなか、”ジブンに出来ることは何なのか”などと、このところガラにも無くチラチラと考えたりしていた。 その結果、自分に出来ることなど実にササヤカなことしかない、という結論(笑)に至っ…

珠玉の70's~80's Japanese Pops &Rock(17)脳内欧州旅行でもしますか 大貫妙子ヨーロッパ三部作

つい先日、フランス在住の方のブログに出会ってしまい(笑)、フランス、いいナァと遠くを見つめる(笑)今日コノゴロ。 フランス、一回行ってみたい(笑)。 パリもいいけど、片田舎の小さな街の石畳の路とか。 緩やかな丘陵に延々と広がる美しい農場とか。…

新作キターーッ! 待望の赤い公園『THE PARK』

音作りがなんかカッコよくなってるっ! のっけからジジィ大はしゃぎで陳謝デス(笑)。 しかもド素人感ダダモレの感想(笑)。 「赤い公園」記事第二弾。 4月15日発売になった新作『THE PARK』のレビュー、というか感想文(笑)である。 (第一弾はコレ↓) k…

珠玉の70's~80's Japanese Pops &Rock(16)無味乾燥な日々、泉谷しげる「春夏秋冬」を聴く

コロナの猛威はいまだに”終わり”が全く見えない。 むしろ これからが”本番”なのかもしれない という、不安を伴う予感。 世界中が「ギスギス」という嫌な音を立て始めている。 暖かい春なのに、街では”寒風”が吹きすさぶ。 味気の無い、しかし妙な緊張感の漂…

珠玉の70's~80's Japanese Pops &Rock(15)ルースターズよ、もう一度

ザ・ルースターズ(The Roosters)。 若き日のワタシにとって日本のRockといえば、まず佐野元春、そしてシーナ&ザ・ロケッツであり、ザ・ルースターズであった。 あとの二つはどちらも博多出身、あるいは拠点としたRockバンドである。 当時のワタシは博多の…

つ、ついに不朽の名盤『SUN CITY』がわが手元に

数十年ぶりである。 この大地を揺るがすようなBEATに 魂を揺さぶる叫びに 我が身をゆだねたのは。 昨年、日本中を、いや、世界中を大いに沸かせたラグビーW杯。 大躍進を遂げた日本代表チームを準々決勝で撃破し、決勝でもイングランドを圧倒して優勝を果た…